February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

北欧風キッチンに変身させるためのインテリアのポイントとは?

北欧風のキッチンにするにはいろいろなポイントがあります。具体的には、収納方法の工夫、北欧風のキッチンアイテムの使用、ビビットカラーなどです。これらの点に注意するだけで、和風のインテリアであっても北欧テイストに変化させることができます。


食器をディスプレイ収納にする    
北欧風のインテリアにするには、まず食器をディスプレイ収納にすることです。食器をディスプレイするだけで北欧風テイストになります。このとき和風の食器ではなく北欧ブランドのオシャレな食器を用意しましょう。もちろん、すぐに一式を変えるのは現実的ではないので、少しずつ変えていくと良いです。ただし、和風のものはできるだけ下の方に置いておくと目立たなくなります。
また、食器の収納の仕方にも工夫をすることが大切です。重い食器や色が黒っぽいものも下に配置して、明るい色の食器や軽い食器は上に配置します。グラスやコップも上です。このようにすると食器棚の中身がすっきりしているように見えて、ますます北欧風のキッチンに見えます。

北欧インテリアをキッチンに置く    
北欧風のインテリアにするには、北欧のキッチンアイテムも活用しましょう。たとえば、バスケットです。果物をその中に入れておいてキッチンに置いておきます。中に何も入っていなくても問題ありません。また、トレーなどもわざと置いておきます。このように、北欧のアイテムをキッチンに置くだけでオシャレに見えて、来客の際にはちょっとした感動を呼び起こすでしょう。ポイントはあえて片付けるのではなく出しておくことです。
また、やかんや鉢などの小物を置いて、その中に植物を入れるのも北欧テイストとしておすすめです。そもそも植物は明るさと清潔感をかもし出しますので、家の中の雰囲気がオシャレになります。1個とは言わず複数個置いてみましょう。

ビビットカラーのアイテムを取り入れる    
北欧のイメージが強いカラーをキッチンに取り入れることも重要です。たとえば、青色、緑色、灰色は北欧に相応しいカラーです。このようなカラーで部屋全体を統一すると、まとまりが良いだけでなく北欧インテリアにも近づきます。注意点としてはカラーの色を3色に限定することです。そうしてナチュラルさも表すことができます。
また、それだけだと単純なテイストになってしまいますので、アクセントとしてビビットカラーを入れると良いです。おすすめなものは北欧の食器です。他にも、キッチンツールなどの小物のデザインを動物や植物をモチーフにしたものを使うと、ビビットな色合いが醸し出されます。鮮やかなな色合いで部屋も明るくなります。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧インテリアのコーディネートを参考にできる実例ブログ3選!

 

スタイリッシュでバリエーション豊富な北欧テイストのインテリア。

興味はあっても生活の中にどう取り入れたらいいのか分からないという皆さんのために、北欧インテリアでコーディネートされたオシャレなお部屋を公開されているブログを集めました。

ご自分の理想のお部屋を目指すため、ぜひ参考にしてください。


ひより510さんの「ひよりごと」ブログ    
主にデンマークブランドの北欧インテリアを中心にしたコーディネートを公開されているブログです。

ホワイトをベースに、黒やグレーなどでアクセントをつけるモノトーンを基調としたスマートでシンプルなデザインを好まれているようで、相性がいいIKEAや無印良品などのインテリアも取り入れた統一感のあるお部屋作りをしておられます。
モノクロに統一したお部屋はともすると無機質になりがちですが、小物類にアニマルやボタニカルなどのモチーフを使ったり、フレームデザインなどのフォルムにこだわることで遊び心とシンプルさのバランスをとっておられるようです。

グリーンなどをバランスよく配したコーディネートで季節感の演出もされています。

 

MIさんの「めがねとかもめと北欧暮らし」ブログ    
映画『めがね』と『かもめ食堂』に憧れ、北欧インテリアで統一された暮らしを目指しておられます。

無印良品のインテリアをメインにしリサラーソンなどを取り入れた、ウッド素材の家具や緑色を中心としたナチュラルなコーディネートが特徴的です。

お子さんがいらっしゃることもあってか、北欧インテリア独特のスタイリッシュな雰囲気と、小物やファブリックのデザインに取り入れられた温かみのあるかわいらしいテイストのバランスが取れたコーディネートとなっています。

日々のお食事にもこだわっておられるようで、無印良品のキッチングッズなどを使ったお料理が並ぶおいしそうな食卓写真も豊富です。
ブログにはWeb内覧会も公開されています。

さっと一読するだけでも大いにお部屋作りの参考になります。

 

Na〜さんの「WITH LATTICE」ブログ    
「北欧×和」をテーマに、アースカラーを基調としたコーディネートを目指しておられます。

無印良品などの他、Seriaやアイリスオーヤマなどのプチプラ商品も取り入れているのが特徴。

北欧系の家具を揃えつつもリビングとダイニングの間に格子戸を引くなど和のテイストを取り入れ、グリーンなどナチュラルテイストの小物を効果的に配した、温かみのある落ち着いた雰囲気のインテリアとなっています。
整理収納アドバイザー1級の資格を持っているブログ主さんは収納にも工夫を凝らされており、インテリアサイトでは収納術も公開しておられます。

ものが多く乱雑になりがちなキッチンや、ゲーム機やおもちゃといった雑多になりやすいお子さんの持ち物の片付けなど、工夫された散らからない収納のアイデアは自分もやってみたくなるものばかりです。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧風のリビングにするための方法とは?

 

すっきりとシンプルかつナチュラルにまとまった北欧風のインテリアは、長く見ていても飽きが来ません。

それは部屋の中にいることの多い北欧の人々の暮らしの知恵からできあがったデザインです。

今回は北欧風のリビングの特徴や作り方のコツをご紹介していきます。


北欧風のリビングの特徴    
北欧の人々は、日照時間が短く気温が低いという環境のため、一日の多くを室内で過ごします。

そのため室内を快適にする工夫が多く施されており、北欧風のリビングは居心地の良さには定評がり近年人気の高いインテリアです。
北欧風のインテリアは基本的には木の素材をいかした、シンプルでナチュラルなテイストが基調となっており、その中にファブリックなどで色や模様を加えていくという方法でリビングをデザインしていきます。

木目調の白やベージュと合わせやすい色やデザインでインテリアを揃えていくとまとまりの良い空間ができあがります。
組み合わせとしては、白い木目調の家具に黒の革や家具を組み合わせたシックなものや、ベージュの木目に白い色の布や家具を組み合わせた明るい雰囲気のものがおすすめです。

 

おすすめのインテリア    
北欧のインテリアは基調がシンプルなものなので、合わせる素材はシックなものからビビットなものまで様々なものをあわせることができて、インテリアを幅広い趣向で楽しむことができます。
革素材を組み合わせて使用すると落ち着いた大人っぽいリビングができあがります。

またピンクやライトブルーなどペール系の色味を足しても、明るく爽やかな印象になりおすすめです。

そのほかモード系の柄をファブリックに取り入れ、現代アートのポスターなどをインテリアにしてもとがったデザインになって魅力的な印象を与えることができます。

ビビットなパッションピンクなど、元気な色のファブリック類を取り入れると、元気の出るリビングになり帰宅しても楽しい気分でいることができそうです。

 

北欧風のリビングにするためのポイント    
北欧風のリビングにするためには、シンプルでナチュラルなテイストを基調にすることがポイントです。

なるべくアクリルやステンレスなどの人工的な風合いの家具を置かないようにすると、より北欧風の雰囲気を出しやすいでしょう。
家具の素材は木目調もしくは木で出来た家具に統一し、そこにファブリックなどで自分の好みのテイストを足していきます。

また幾何学模様も北欧風インテリアの特徴のひとつなので、幾何学模様のクッションやラグなどを取り入れるとより北欧感が増してきます。
気温が低く日照時間が少ない北欧では、家の中でぬくもりを感じることが重要視されているので、木のぬくもりを感じることができるシンプルで飽きないインテリアが好まれてきました。

インテリアをつくるときには、そういった背景も考えながら作業をするとうまくまとめることができるかもしれません。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧インテリアの特徴とおすすめな理由!

 

「北欧インテリア」が世間では流行っているようですが、それがどんなものなのかを正確に表現することは、結構難しいことです。

ここでは、改めて北欧インテリアの特徴を再確認し、それを日本人の生活に取り入れることの利点と注意点を述べることにします。

 

北欧インテリアの特徴     

北欧では年間を通して寒い時期が長いため、居心地の良い部屋が求められています。

しかも前世紀の初めには工業デザインの革命運動が起こったため、北欧のインテリアは独特の発展を遂げてきました。

その特徴として、白あるいはアースカラーを基本に好みの色を1、2色加えてテーマカラーとして部屋のインテリアの色調を統一する、洗練されたデザインの木製家具を活用する、インテリアに自然のモチーフを取り入れる、観葉植物を置く、間接照明を利用して部屋に陰影を与える、壁にアートを積極的に飾る、といったものがあります。

これらのルールを守ることによって、北欧インテリアは、洗練した雰囲気にもかかわらず、どこかあたたか味を感じる味わいに、部屋をまとめる力が生まれるのです。

 

北欧インテリアがおすすめな理由 

北欧インテリアには、日本の狭い部屋のインテリアにも、積極的に取り入れたい特徴がいくつかあります。

特にテーマカラーを決めて部屋の色調を統一するということは、狭い日本の部屋でもいくらか広く感じさせることに、とても有効です。

さらに自然のモチーフを取り入れることで、部屋の中は、落ち着きと共にあたたか味ややさしさが広がることになります。

日本の伝統的な和風インテリアも、同じように自然素材を使ったものです。共に「自然」をテーマにしたデザインなので、現代の日本人の住まいにおいても、北欧インテリアは違和感なく溶け込むはずです。

北欧のファブリックや雑貨類は、これら自然のモチーフを、単に可愛いだけではなく洗練されたスタイルに仕上げているので、これらを取り入れたインテリアも、大人っぽく洗練された雰囲気でまとめることができます。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧インテリアでマンションをオシャレにしよう!

北欧インテリアでマンションをオシャレにしよう!

マンションを購入した場合、まず考えるのはどのようなインテリアにしようか、ということです。

マンションの空間は狭いので、過剰な装飾のある家具を入れると、部屋がすっきりとまとまりません。

そこでお勧めできるのは、シンプルであたたか味のある北欧風のインテリアを取り入れる、ということです。


マンションにおすすめの北欧インテリア    
北欧インテリアでは、ホワイトやナチュラルカラーを中心に、使う色を2、3色に定めて、部屋に統一感を与えます。

このことが、日本の狭いフローリング張りの一般的なマンションの部屋でも、広く見せる効果を与えます。

また、部屋に自然のモチーフを多用する、それどころか自然の一部である観葉植物を上手に取り入れることによって、

マンションの無機質な部屋が、大人可愛いくつろぎ間のあるスペースに生まれ変わります。

植物など自然のものを持ち込んでいても、色合いをあまり甘い雰囲気のものに統一しないようにしたら、

たとえ大人の男性であっても、安心してくつろげる空間にすることができます。
日本の狭いマンションの空間においてこそ、北欧のインテリアは、取り入れるのにふさわしいスタイルだといえるでしょう。

注意点とポイント    
北欧のスタイルをマンションに取り入れるとき、警戒しなければならないのは、

「インテリア小物があまりに可愛らしく、かつ洗練されている」ことではないでしょうか。

このこと自体は北欧デザインの小物の優れた特徴であるのですが、問題は、いろいろと欲しいものが現れすぎて、

必要のないものまで買い込んで、コレクション状態になってしまうことです。
食器や部屋のファブリックなどを選ぶとき、必ずそれらが、テーマカラーと一致している、

少なくともテーマカラーと調和しているか、を念頭に置いて、必ず必要な個数だけ、選ぶようにしましょう。

素敵なデザインの小物を見つけたら、ついつい手に入れたくなってしまうのが常ですが、実際に必要なものの個数は限られているのです。

まとめ    
最近の日本のマンションは、白い壁にナチュラルな感じのフローリング、といった内装が一般的なので、

特に北欧スタイルの中でも、白を基調とするインテリアがしっくりと調和するつくりになっています。

ここに北欧風の洗練されたデザインの家具を必要最低限置いて、アースカラーを差し色に取り入れたり観葉植物を置いたりするだけで、部屋がずいぶんくつろいだ感じになります。

マンションの家具選びについては、常に言えることですが、家具はできるだけ小ぶりのものを選んで、必要のないソファーや、お客用の余分な椅子まで選ばないようにしましょう。
そして、生活をいろどる小物類に関しても、この点は同様です。

北欧デザインの小物達には、可愛さと洗練さが同居した、不思議な魔力があるのです。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧カーテンの魅力と使い方!

北欧風のインテリアは、カーテンやラグといったファブリックにも魅力があります。

北欧カーテンはデザインの種類が豊富で、色調もソフトなものからビビッドなものまで様々です。

ファンシーなデザインの商品を選べばそれだけで部屋の中が明るくなり、逆にシックなカーテンであれば深いリラックスを与えてくれます。 


北欧カーテンとは    
北欧カーテンは、ヨーロッパの北の端にあるスカンジナビア諸国で生まれた、デザイン性に富んだ色柄の美しいカーテンです。

元々は、フィンランドやスウェーデンなどのファブリック・メーカーが製作して販売していましたが、

現在では国内メーカーの製品を含めて、様々な種類の北欧風カーテンを目にすることができます。
北欧カーテンの特徴は、何と言ってもその創造性に富んだデザインにあります。

原色の動植物をあしらった大胆な構図のものが多く、インテリアの中に取り入れることで、部屋の中に活気や明るさが満ちてきます。

また、中には安らぎが感じられる落ち着いたデザインの商品もあり、バリエーションは決して一つではありません。

使う人の個性に合わせて、色々なシーンに活かせることが北欧カーテンの魅力となっています。

北欧カーテンの特徴と魅力    
北欧カーテンの多くは、ポップなデザインを採用しつつも、どこか奥ゆかしい気品を漂わせているのが特徴です。
柄物と言っても単純に模様を繰り返している訳ではなく、余白が十分に活かされていて、描かれた花や動物たちが持っている個性を、かえって生き生きと感じさせてくれます。

そのため、独創的なデザインでありながらも、部屋の中にすっと馴染んでいくような自然さがあります。

インテリアの主役としてだけでなく、脇役としても活躍してくれるのが、北欧カーテンの持つ大きな魅力の一つでしょう。
有名ブランドの商品は、色数やデザインの種類が多く、選んでいるだけで楽しい気分になれます。

キュートな花柄からシンプルな幾何学模様まで、男性にも女性にも幅広く受け入れられるのが北欧カーテンだと言えます。

北欧カーテンを取り入れるポイント    
北欧カーテンは、様々なタイプのインテリアに活用することができます。

可愛らしいアニマル・プリントであれば、小さな子供の個室にぴったりです。

また、華やかなボタニカル柄は、大人の女性の雰囲気にもよく合います。
寝室や個室だけでなく、リビングやダイニングといった大人数で過ごす部屋の彩りとして使っても、北欧カーテンはマッチします。

例えば、シックなモノトーン・カーテンなら、食事時間や家族で過ごす大切なひと時を、優しい気分で演出してくれます。

また、ペールトーンの北欧風カーテンは、深い安心感とリラックスを与えてくれるものです。
部屋の間仕切りやカフェ風など、ワンポイントで使用しても北欧カーテンは生きてきます。

こういった場合には、あえて派手めのものを選ぶことで、インテリアのアクセントにすることが可能になります。 
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

一人暮らしのオシャレに快適に!北欧インテリアの取り入れるポイント!

一人暮らしのオシャレに快適に!北欧インテリアの取り入れるポイント!    

憧れの一人暮らしを始めるならば、統一感がありシンプルでナチュラルな北欧風インテリアがおすすめです。

白を基調したベースカラーにグリーンやグレーと言った色合いを取り入れ、

さらにビビッドなカラーのファブリックを使えば一気に北欧の雰囲気になります。


北欧インテリアの特徴と魅力    
近年一人暮らしの女性を中心として北欧インテリアに注目が集まっています。

今では日本でも、様々なショップや通販サイトなどで素敵な家具やファブリック・小物を手軽に購入することが出来るようになりました。

そもそも北欧は寒い気候の地域であるため、家で過ごす時間が多いと言われています。

そのため北欧の人々は、家で快適に過ごすことが出来るような家具やインテリアにこだわりを持つようになり、

寒い冬でも温もりを感じることが出来るような木材を使った家具や、

明るい色使いで元気になれるようなファブリックを取り入れるようになりました。
北欧インテリアはシンプルでナチュラルと言う特徴があり、シンプルながら機能的で使いやすく、それでいてかわいいと言う魅力があります。

一人暮らしにおすすめの北欧インテリア    
一人暮らしであれば、全てにおいて自分の好みを反映することが出来ます。

北欧風を取り入れる上で基本となる事は、床や壁と言ったベースになる部分をナチュラルカラーにすることです。

最もコーディネートしやすいカラーは白で、そこにブルーやグリーンと言ったサブカラーのソファーを置きます。

さらにカーテンや椅子などにビビッドカラーを取り入れるようにするとアクセントになります。
そして北欧風インテリアには、棚やベッドと言った北欧風の家具が欠かせません。

木の温もりを感じる木製の家具で丸みを帯びた物を選ぶようにすると、さらに雰囲気が出ます。

また、間接照明も重要です。蛍光灯ではなく、白熱球の照明やキャンドルを使うことをおすすめします。

まとめ    
一人暮らしの場合、部屋を北欧風にするには引っ越しをした時がチャンスです。

まずは照明や家具を変えることで、大きく雰囲気を変えることが出来ます。

さらに明るい色合いのファブリックボードを飾れば、一気に北欧風インテリアになります。

また、カーテンやベッドカバーを季節ごとに取り換えることも北欧流であると言えます。
それほど広くない部屋でも、圧迫感の少ない北欧風の家具を置くことで部屋の狭さを感じさせることもなく、

シンプルでナチュラルなインテリアなので飽きにくく、長い間楽しむことが出来ると言うメリットがあります。

そして観葉植物を飾ったり、カラフルな小物を取り入れたりすることでガラッと雰囲気を変えることも出来るのでおすすめです。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

部屋に北欧インテリア・雑貨を取り入れてオシャレにしよう!

長く寒い冬を暮らす北欧の人たちのお部屋づくりのコンセプトは、「居心地の良い部屋」です。

そのコンセプトを見習って、自分の大好きなものだけで作った、自分が心からくつろげるお部屋づくりを目指してみませんか?


北欧インテリア・雑貨の魅力    
北欧インテリアの魅力は、何といっても雑貨の可愛らしさです。

暖かみのある木を使ったシンプルな家具たちと、洗練されたカラフルな小物類、そしてユーモラスでおしゃれな雑貨たち。

これらを上手にコーディネートするだけで、あっという間に居心地の良い空間のできあがりです。
可愛らしさの中にもきらりとセンスの光る北欧インテリア雑貨は、ポップなデザインやカラフルや色をまとっていながらも、

決して子供っぽくなく、大人の遊び心を演出してくれる優れものです。
季節ごとに大きな家具や壁紙をかえなくても、印象をガラリと変えてくれるのも大きな魅力です。

自分らしいお部屋のアクセントとして、お気に入りの雑貨たちを集めるのも、お部屋づくりの楽しみです。

オシャレな部屋にするためのコツ    
自分の部屋をオシャレにコーディネートするには、シンプルでナチュラルな部屋づくりを心がけることが大切です。

長く厳しい冬に耐え、1日のほとんどを室内で過ごす北欧の人たちは、居心地の良い部屋づくりの名人です。

だからこそ北欧インテリアや雑貨は、木のぬくもり、優しい色合いやデザインのものが多いのです。
お部屋の壁や大きな家具などのベースカラーを、優しい色合いに統一するのもおすすめです。

お部屋全体の雰囲気が決まったら、今のあなたの好きな色や形の雑貨たちをアクセントにすれば、

どんなときでもあなたを元気にしてくれる、あなただけのお気に入りの空間を手に入れることが出来ます。

お部屋づくりにはゴールはありません。あなたと一緒に成長していくのです。

北欧インテリア・雑貨を取り入れるポイント    
一気に部屋の模様替えをする時間がないという人にもチャレンジしやすいのは、北欧インテリアや雑貨を少しずつ取り入れる方法です。
例えばソファーカバーやクッションカバーなどのファブリックを北欧デザインのものに変えるだけで、ぐっとおしゃれな印象になります。

壁に好きな雑貨や小物を飾ることができるウォールキャビネットなどのアイテムを取り入れ、

「魅せる収納」テクニックに挑戦してみるのも、簡単にお部屋の印象を変えることができておすすめです。

自分のお気に入りのコレクションや、可愛らしい北欧の雑貨たちを飾るだけで、目にも楽しいインテリアの完成です。

少しずつ自分の好きなものを集め、少しずつ居心地の良い部屋にしていく楽しみこそが、お部屋づくりの醍醐味なのかもしれません。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

定番になりつつある北欧のインテリアの特徴と魅力とは?

定番になりつつある北欧のインテリアの特徴と魅力とは?    

近年注目され始めている北欧インテリアですが、その特徴は白や温かみのある木材をベースにビビットカラーをふんだんに使ったようなデザインのものです。

そこにはメリハリがしっかりとありますので、はっきりしている分魅力があるのでしょう。


北欧インテリアとは    
そもそも北欧インテリアとはシンプルな空間に小物などが派手な色合いの可愛いものが多く、それが合わさった時に素敵な空間を作ることができるものです。

インテリア自体も、ビビットなカラーを単色で使っているものが多く、それを当たり前にように皆が選んでいます。

ですが部屋の中に様々なビビットカラーを施すというわけではなく、一つの部屋においても二色か三色のもの、そしてそれ以外はわりとシンプルなものでまとめています。

そして小物で派手なデザインのものを置くといった感じで部屋をコーディネートしています。
このようにメリハリがしっかりときいている部屋ですので、それがとても斬新でオシャレだということで人気が出てきています。

北欧インテリアの特徴と魅力    
北欧インテリアの魅力というのは、その派手さでしょうか。

シンプルな中にも派手さのあるインテリアが多いのでひときわ目を引く存在感のある物ばかりなのです。

ですので部屋のコーディネートを考えるのがとても楽しいのです。

こういったインテリアがあるお店は大型な場合が多いです。それはそれだけ種類が豊富だからです。

そんな豊富なデザインの中から自分だけの空間作りをするので一日そこにいても飽きない位ですし決まらない位の量があります。

小物やインテリアはシンプルな物から派手な物まであります。

ですが部屋を作る時にはどこかで派手さを、そしてどこかでシンプルさを入れなくてはいけないのでそのメリハリの作り方が難しかったりしますのでセンスが光る部分でしょう。

まとめ    
このように、北欧インテリアというのは何十通り、何百通りと考えられるのでその人の好みであったりセンスがもろに出てしまいますので、高度なセンスが必要になります。
お店によってはショールームのようなセットが沢山あって、それを参考にしながら選んでいけるという魅力もありますが、

それと全く同じにするのは無難ではありますがつまらないという事にもなります。

せっかくオシャレなインテリアが沢山あるのに、ショールームと同じだなんてセンスも何も関係なくなりますよね。

自分の家なのですから自分の好みでオシャレに作っていけるように一度に全てを揃えようと思わないで、少しずつ選んでいくと良いでしょう。

そうして自分好みの空間を作りましょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは?

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは?

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは、ヨーロッパの現代的な高級ホテルの内装をイメージしたインテリアのことです。

ソファーやローテーブルなど多めに家具を配置し、強めのデザインでまとめるインテリアは難易度が比較的高め。

今回はインテリアの特徴と失敗しないコツなどをご紹介します。


モダン・ヨーロピアンとは    
モダン・ヨーロピアンとはヨーロッパの現代的な高級ホテルの内装をイメージして作られているインテリアのことをいいます。

高級感があり、ハイセンスを感じさせるお部屋の内装が魅力的で、近年人気が高まってきているインテリアのひとつです。
シンプルモダンに比べると、若干家具を多めに配置するために収納がやや多くなる特徴があり、また主張の多いデザインでまとめることが多いので作る側のセンスが問われる、

比較的難易度が高めのインテリアでもあります。

失敗するとゴテゴテとしてしまったり、奇抜なデザインで目が疲れてしまう、狭くなってしまったといった事態にもなりかねませんので、

あまり内装をまとめるのに自信がないといった場合は、インテリアのプロにお願いするという手段も有効です。

モダン・ヨーロピアンなインテリアの特徴    
モダン・ヨーロピアンなインテリアでは、シンプルモダンのインテリアに比べて家具を多めに配置することが多いです。

例えば、ソファーとローテーブルの組み合わせを置いたり、チェスト、ダイニングテーブルを置いたりするので、収納がしっかり確保できるという利点もあります。
またソファーのデザインに主張の強いものを用いることでも知られており、紫や派手な柄もの、

シンプルであってもこだわった素材のものを用いることが多いです。

合わせるクッションも指し色として強い色を用いるため、組み合わせのセンスが問われます。
木目調などの木のテイストがある家具はあまり好まれず、テーブルや椅子などの足の部分に使用されるにとどまります。

モダン・ヨーロピアンではナチュラルテイストはあまり好まれません。

まとめ    
モダン・ヨーロピアンは、現代的な高級感を表現できるインテリアです。

主張の強い柄や強い色彩を用いてデザインしていくため、インテリアを作る人のセンスが問われる難しいインテリアでもありますが、自分好みのハイセンスな空間を自宅で楽しむことができます。
モダン・ヨーロピアンのインテリアを作る場合は、多くのインテリアデザインを参考にし、

どのような色彩やデザインでお部屋を作って生きたいかしっかりイメージを固めてから取り掛かると、失敗が少ないでしょう。

家具が多く、主張の強いデザインで構成するために、失敗すると目にうるさいものになってしまいがちですが、

うまくインテリアを作ることができれば、自宅でヨーロッパのモダンな高級ホテルの雰囲気を味わうことができます。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

123>|next>>
pagetop