July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

放置厳禁!木製家具は手入れが重要!

木製の家具はナチュラルな雰囲気を作り出してくれるので、根強い人気があります。しかし、日常生活で使っていると、なんとなく汚れが目立ってきたり、色ムラを見つけたりしてがっかりすることも多いもの。お気に入りの家具を長く使うためにどんなお手入れをしたらいいのでしょうか。


木製家具は手入れが重要    
木製の家具をきれいに保つコツ、それは手入れをこまめにすることです。家具に限ったことではありませんが、汚れがたまってから一気にきれいにしようとすると、無理矢理にこすったり、強い洗剤を使ったりということをしなければならなくなります。そのため、色があせてしまったり、傷がついてしまったりということになりかねません。塗装されている家具であっても、傷をつけたり、塗装をはがしたりすると、そこに汚れがついて、シミや色ムラの原因になるので注意が必要です。
特に食べ物や水分などがついたときはシミになりやすいので注意が必要です。水分という点では、普通の水もいけません。木製の製品にとって水分や湿気は大敵なので、あっという間に汚れてしまいます。

手入れ方法はこまめにカラ拭きを!    
では、木製家具の手入れはどうしたらいいのでしょうか。
なによりもいい方法は、こまめにカラ拭きをする、ということです。特別なアイテムを使う必要はありません。ほこりが気になったとき、水などがついてしまったとき、気づいたときに毛羽立たない柔らかい布でふくだけでいいのです。
特に白木や無垢材、無塗装のタイプの家具だと、水分がついただけでも表面から浸み込んでしまいます。そしてそれがシミやムラの原因となってしまうことがあるのです。ですから、「きれいにしなくては」と思って、水拭きなどをすると、それ自体が汚れにつながってしまいます。さらに家庭用洗剤や化学ぞうきんなどを使うと、含まれている洗剤や薬品の成分で変色してしまうということにもなりかねません。

 

まとめ    
ただカラ拭きをするだけ、と聞くと、「本当にこれで手入れになるのだろうか」と思うかもしれません。しかし、日常の汚れというものは、飲み物などなにかをこぼした、などの緊急事態を除けば、これでも十分に対応できます。むしろごしごしこすったり、水などを使わなくていい分、家具を傷める危険性も少ないと言えるでしょう。
せっかくの自分のお気に入りの木製家具ですから、丁寧に使って長持ちさせたいもの。いつも手入れをしていれば、愛着も深まりますし、汚さないように気をつけて使うようになります。結果的にきれいな状態を保って長く使うことができるようになるのです。少しの気遣いを忘れずに、お気に入りの家具とずっと生活していきたいものですね。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

木製家具の特徴と魅力とは?

 

木製家具は店頭に行くと様々な種類と価格のものがあります。家具は生活面で見ると安いものではなく、大きさも大きく買い替えも大変です。失敗しないためにも、それぞれどのような特徴と魅力があるのか考えてから購入してみましょう。


木製家具とは    
木製家具とは大きく分けて2つあります。1つは天然の無垢材を使用している家具と言われ、山などから伐採してきた木をそのまま使用し、カットされてデザインされた家具を指します。もう1つは家具の芯となる木の部分に、薄くカットした木材を張り合わせて作られたものを指します。張り合わせる部分はきれいに見える木材を使用します。これらは合板や集成材と呼ばれるものを使うことが多く、接着剤を使用し薄い木材や木片同士を張り合わせて大きく広く作られています。
ヴィンテージものなど、古くから作成されてきたものは前者の物がほとんどになります。近年店頭で多く見られるものは後者のフラッシュ構造と呼ばれる造りの家具が主流になっています。

木製家具の特徴と魅力    
木製家具の魅力は何といっても温かみを感じられることです。天然のものを使っているため、肌触りも良く金属などと違い感触も柔らかく冷たくありません。
無垢材の魅力と特徴としては、使用年数が増すごとに味のあるものになっていくことです。色も落ち着いた色合いになっていき、個性のある家具になり愛着も湧くでしょう。また、傷や汚れが目立ち困る場合にはメンテナンスがしやすいことも特徴です。削ることにより復活させることもできます。
フラッシュ構造の家具の魅力と特徴として言えることに、まずは価格の安さがあります。大量生産が可能ですので安価で色々なデザインや大きさのものを作ることができます。そして重さが軽いことも特徴です。引っ越しや模様替えなどの移動時には助かるかもしれません。

木製家具を選ぶ際にポイント    
木製家具を選ぶ時のポイントの1つは、まずは無垢材とフラッシュ構造の家具のどちらを選ぶかです。長年使用し、愛着を持って育てて行きたい場合、買い替えなどをしたくない場合には無垢材を選ぶとよいでしょう。そして、価格が安いことを優先順位にあげ数を購入したい場合や、引っ越しなどにより買い替え予定があり長年使用するかわからない場合はフラッシュ構造がよいかもしれません。
2つ目のポイントとしては、木製家具の色に着目することです。パイン材など白く明るい色を基調とした部屋にしたいか、ウォールナットなど黒っぽい落ち着いた色合いの部屋にしたいかによっても家具の選び方が違ってきます。まずは自分がしたい部屋の雰囲気を考えてみてもいいかもしれません。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧風の部屋にするためのインテリアを選ぶ3つのコツ

「北欧風」の部屋、というのは、ある種の憧れを持って語られることが多いです。しかし、実際にはイメージばかりが先行して、どのようにアレンジすると、北欧風のインテリアになってくれるか、ということはあまり知られていません。ここでは、部屋を「北欧風」に見せるためのインテリアのコツを3つ、紹介することにします。


素材が木材などナチュラルなインテリアを取り入れる    
北欧風のインテリアの特徴は、シンプルだけどどこかあたたか味のある雰囲気です。そのためには、部屋に入れる家具は、木製のナチュラルなものを取り入れるのが一番です。ナチュラルな素材というと、すぐにカントリー調の家具が連想されますが、北欧調の家具では、ナチュラルな素材を使いながら、モダンな雰囲気を持っているものも多くあります。
手持ちの家具の大半が、金属製やプラスチック製であっても、ナチュラルな素材のテーブルひとつ、あるいは椅子を数脚、あるいはソファーを一台というように、部分的にナチュラルな素材の家具を取り入れるだけでも、十分に北欧調インテリアを演出することができます。
家具が無理なら究極のナチュラルな素材、つまり観葉植物を置くのも良いアイデアです。インテリアにナチュラルな素材のものを、一点でもよいから取り入れてみる、これが北欧風インテリア導入のための、第一のコツです。

アースカラーのインテリアを取り入れる    
北欧調のインテリア、というと、人によっていろいろな色をイメージする人がいるかもしれません。しかし自然素材の家具などを取り入れて、ナチュラルな感覚を大切にすることからもわかるように、ベースになる色をアースカラーで決めるのが、北欧風のインテリアの特徴といえます。木の家具とアースカラーを基本にしたインテリアは、北欧風インテリアの主人公としての役割を立派に果たします。
もちろん、すべてをアースカラーで統一する必要はありません。茶色や緑色など、アースカラーのインテリアを必ずどこかに取り入れることがコツなのです。どんな場合でも邪魔にならない色である白などをメインにし、じゅうたんやラグやカーテンの色をアースカラーで整えることで、北欧風の部屋を作り出す前提条件が揃います。その上で、赤や青や黄色など、自分が好みのビビッド色があれば、部屋のアクセントカラーとして用いてみて下さい。

オシャレな小物を多く取り入れる    
北欧の雑貨にはオシャレなものが多くあります。雑貨屋へ行っても目移りするほどです。それらのデザインは自然をモチーフにしたものが多いのですが、他の国の雑貨と違って、庶民的な雰囲気を漂わしながらも、デザインが洗練されているのが特徴です。北欧風のインテリアを完成させるには、これらの小物を積極的にインテリアに取り入れるのもコツのひとつです。
庶民のための上等なデザインの北欧食器はたくさん種類あります。素敵なマグや小さなお皿を家族分だけ集めて、皆のくつろぎの時間に使うのも良いですね。また、色無地の洗練されたデザインの食器なら、日本製で手頃な価格で手に入るものもあるので、それらを北欧性の食器と混ぜて使うのも素敵です。
また食器だけでなく、壁に掛けるポスターや、床に敷くラグ、ソファーに並べるクッションにも、いろいろと素敵なものを見つけることができるので、これを利用しない手はありません。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

壁を活用して簡単に北欧風の部屋へ!

インテリアは壁までも使って初めてインテリアの完成といえます。いくらオシャレな家具を揃えても壁というのは部屋にとっては欠かせないものであり、最高のインテリアとして使うことができます。これを使って上手にオシャレにしていきましょう。


壁の色をブルーや白に変える    
近年人気になってきているのが北欧のインテリアです。このインテリアの特徴はカラフルな色を使っていますのでとても可愛らしい少女の部屋のような雰囲気が家全体を包みます。
そんな北欧インテリアですが、その中でもセンスの光る部分は壁です。海外は日本とは違って壁の色にとてもこだわりがあります。それを日本でも取り入れてオシャレに拍車をかけようという流れがきています。北欧風の壁といわれて思い浮かべるのは白やブルーです。この色合いはまさに北欧を代表する色です。その色を壁に持ってくると、白ならまだ色々と合わせやすいですがブルーの場合は合わせる色も悩みますね。そこにセンスが問われるので真剣に考えてオシャレな空間作りをしましょう。

壁にステッカーを貼って北欧風を演出    "さらにその壁にステッカーなどを貼っていけばより北欧な雰囲気を作り出すことができます。壁をインテリアとして使うわけですから、その壁に色々とくっつけて収納を作るというのも一つの方法でしょう。
壁にはウォールステッカーなどを施してあげるとそれだけで部屋のスタイルを変えることができます。そのステッカーは簡単に変えられるので模様替えの時などに一緒に張り替えてみたりできるので楽しみにもなります。それ以外にも北欧風を演出できるステッカーを沢山貼ってあげることでそのごちゃごちゃ感でさえもオシャレに見せてしまうのが魅力の一つでもあります。そうして色々と工夫してみて自分なりに良いオシャレの作り方を見つけていきましょう。

壁面に小物のディスプレイや収納できる棚を作る    
先ほども言いましたが、壁に小物置きなどの収納できるスペースを取り付けてみるのもオシャレです。壁ですらも上手に利用してこそオシャレ上級者です。北欧インテリアはムダのないようにオシャレな空間を作ることです。壁も存分に使ってステッカーやこのような小物置きなどをいくつか取り付けてあげれば壁も個性を発揮してきます。
小物置きだけでなく、わりとしっかりとした棚を作ればそれだけで見せる収納の出来上がりです。部屋に収納が少ないという人は、このように置くものを厳選した上で壁に置いて飾ってみましょう。それまでは収納して隠していたようなものが部屋のインテリアの一つになることができます。これはその小物たちにとっても嬉しいことでしょう。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧風の寝室を作るインテリアコーディネート術!

寝室を北欧風にしたいといった場合、無駄に派手な色使いは厳禁です。部屋を洗練した感じに見せるため、できるだけクールな中にあたたかみを感じさせる、シンプルな色使いに徹して下さい。そして究極のシンプルな色使いはモノトーンです。したがって、ここではモノトーンを使った北欧風インテリアのまとめ方を紹介します。


インテリアをモノトーンで統一する    
寝室をモダンでクールな印象にまとめようと思ったら、やはりモノトーンでまとめるべきです。しかし部屋を北欧風にまとめるのなら、それだけでは十分ではありません。一般にモノトーンのインテリアだと、無機質な素材を使ってクールにまとめたいところですが、北欧風を目指すのなら、どこかにナチュラルな雰囲気を必ず取り入れて、あたたか味を感じる雰囲気のインテリアに仕上げたいものです。
そこで大活躍するのが、自然のモチーフやナチュラルな素材です。たとえば、モノトーンであっても、部屋に使うモチーフは花や蝶、雪の結晶など自然をテーマにしたものを取り入れることが考えられます。あるいは、多少手間がかかりますが、部屋のメインの家具をDIYで白く塗装して、周りのブラックの家具を引き立てると共に、手作りの風合いをインテリアに取り入れる、などの方法があります。

ナチュラルな素材のインテリアを取り入れる    
北欧風のインテリアを強調するのなら、是非とも取り入れたいのがナチュラル素材です。特に寝室のような、心地良さが必要な空間には、チェストや机、あるいは椅子などが木材などナチュラルな素材でできているなら、他の部分がクールで都会的な感じでまとめてあっても、部屋にほっとする感覚が漂います。
いかにも北欧らしい自然のモチーフを多用するのは、何となく部屋の雰囲気が甘くなりすぎて苦手だと感じる人はいませんか。そのような場合、自然のモチーフの代わりにナチュラルな素材の家具を1点か2点、部屋に追加しましょう。色は思い切って白に塗ってしまうのも良いですが、素材の地色のナチュラルな風合いをそのままで取り入れても、モノトーンのシャープな部屋の中に、ほっこりとした雰囲気を与えるちょうどよい差し色として働きます。

個性的にしたい人はビビットカラーのインテリアをプラスする    
前記のふたつのステップを経ることで、シンプルでクールでありながらどこかあたたか味を感じる、北欧風の寝室のインテリアが完成します。しかし、中にはそれだけではあまりに没個性的で面白くない、と感じる人もいるはずです。そんな人は、もう一色だけ、ビビッドな目立つカラーを小物などにプラスしてみて下さい。モノトーンの部屋にビビッドカラーが映えて、その部屋の住人を思わず連想したくなる、個性的なバリエーションを与えてくれるはずです。
ただしやり過ぎは禁物です。差し色にするビビッドカラーは、必ず1色に絞り込んで使うようにして下さい。ビビッドカラーは目立つ色だけに、2色、3色と増えていったら、せっかくのモノトーンとナチュラルでシンプルにまとまった寝室を、ごちゃごちゃとしたまとまりの無い感じにしてしまう恐れがあります。その点だけに気を付けて、好みのカラーを使い、色の冒険を楽しみましょう。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

収納もデザインもUP!北欧分の部屋にするインテリア術とは

シンプルかつナチュラルなコーディネートの北欧風インテリアは、おしゃれなだけでなく収納スペースを多くとることができる実用性の高さも人気の理由です。そこで今回は、北欧風インテリアで収納とデザインの両方をアップさせる方法をご紹介します。


好きなものを飾れるディスプレイを作る    
北欧風のインテリアでよく見られるのが、隠すのではなく見せる収納です。リビングの壁一面を自分の好きなもので埋め尽くしたり、洋服やタオルなどをシンプルなラックを使ってあえてオープンな状態で収納しているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
またキッチンの食器や調理器具を棚の中にしまってしまうのではなくあえて外に飾るようにディスプレイすると、北欧らしい温かみがありながらも生活感を抑えた雰囲気を演出することができます。おしゃれにコーディネートされたキッチンは、常にきれいな状態を保つことにもつながるので一石二鳥です。デザイン性だけでなく実用性も兼ね備えているところが北欧風のインテリアの魅力です。

壁を利用して収納棚を作る    
部屋にチェストなどを置くと、どうしても部屋全体が狭く感じられてしまいますよね。そこで北欧でよく用いられているインテリアが、チェストなどの家具を出来るだけ少なくして壁面を上手に利用した収納です。壁と同じ色の棚を取り付ければ、壁一面を棚にしてしまってもあまり圧迫感を感じないのがポイントです。
また、よくあるのが壁に白や柔らかい木の色調をベースとしたボックス棚を直接貼り付ける収納です。この場合には空間に余裕を持たせて収納すると、部屋を広く演出することができます。壁に取り付けるだけで壁面全体が本棚に変わる本のディスプレーバーも人気です。カバーイラストが可愛い絵本などを飾ると、北欧らしさが一段とアップします。

小物を小分けしてオシャレに収納する    
小物を小分けして収納する際にも、藤や白樺などの素材のバスケットを使うことで北欧風のインテリアにすることができます。小分けに使うバスケットのデザインは網目で中身が見えるタイプのものや棚から引き出せるボックスタイプのものなどバリエーションが豊富ですし、ナチュラルで温かみのある雰囲気を演出することができます。
またブリキ缶やガラス容器もシンプルで素朴な雰囲気でありながらどこかスタイリッシュさを併せ持つ北欧風のインテリアと相性のいいアイテムです。形や大きさをそろえて並べるとおしゃれで全体の統一感があるスペースができあがります。これらのアイテムは100均などで手軽に揃えることができるのも嬉しいポイントですよね。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧風のソファーの特徴と魅力

 

北欧風のソファーでお部屋で過ごしたいがどんなお部屋にすればいいのか、迷ってしまう方も意外と多いはずです。北欧ソファーの特徴と魅力も合わせておすすめのお部屋を3つご紹介。北欧ソファーの魅力を抑えて、あなただけの快適なお部屋作りの参考にしてみてくださいね。


北欧風のソファーとは    
北欧家具は、デンマークやスウェーデン、ノルウェーで生まれた家具です。これらの地域では、「極夜」という太陽が昇る時間がとても短くなる時期があります。これと寒く長い冬もありこの地域に住む人々は、一年の大半を家の中で過ごさなければなりません。にもかかわらず、家の中でも楽しく快適に暮らそうと考え出されたのが、北欧家具のデザインです。
北欧は、ただ寒くて日が昇らず暗闇の多い地域ではありません。厳しい寒さにも耐え抜く美しい自然やそこに住む動物たちが北欧には豊富です。そのため、北欧のインテリアには、温もりのある木の素材を生かしたものや、可愛らしい花や動物をモチーフにしたものが多くあります。ソファーも木の素材を生かした飽きのこない長く使えるデザインです。

北欧風のソファーの特徴と魅力    
北欧インテリアのソファーも特徴は、シンプルで機能的なデザインとナチュラルな素材を活かした造形美、そして、明るい色使いです。シンプルで機能的なデザインは、飽きることがありません。また合理的なデザインと主張しすぎないデザインでもあるので、どんなお部屋のリビングにも北欧のソファーはよく馴染みます。
ナチュラルな素材を活かした造形美は、木材という柔らかく加工のしやすい素材のなせる業です。木の素材でできた北欧ソファーが一つあるだけ、温かみあるお部屋を演出できます。
明るい色使いは、お部屋の中でも楽しく快適に過ごす工夫です。目を楽

しませるためのビビットカラーや植物や動物をモチーフにしたカバーが、北欧ソファーに掛けられています。

 

こんな部屋におすすめ    
北欧インテリアは、どんな雰囲気のお部屋とも相性抜群です。北欧ソファーを置くのにおすすめの部屋は、白を基調としたお部屋、コンクリートの壁のあるお部屋、和室です。白を基調としたお部屋に、ビビットカラーの北欧ソファーを置くことでエネルギー溢れる元気な印象を与えてくれます。カラフルなお部屋で過ごしたいひとにおすすめです。
コンクリートの壁のあるお部屋に、グレーの北欧ソファーを置けばシンプルかつスタイリッシュな空間に。モダンな部屋に少し丸みのあるソファーを加えるだけで、落ち着いた少し温かみある雰囲気が楽しめます。
和室と北欧インテリアは意外と調和します。和室の畳とソファーの木の素材がよく馴染むためです。和室で椅子に座ってゆったりと和めるでしょう。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧風キッチンに変身させるためのインテリアのポイントとは?

北欧風のキッチンにするにはいろいろなポイントがあります。具体的には、収納方法の工夫、北欧風のキッチンアイテムの使用、ビビットカラーなどです。これらの点に注意するだけで、和風のインテリアであっても北欧テイストに変化させることができます。


食器をディスプレイ収納にする    
北欧風のインテリアにするには、まず食器をディスプレイ収納にすることです。食器をディスプレイするだけで北欧風テイストになります。このとき和風の食器ではなく北欧ブランドのオシャレな食器を用意しましょう。もちろん、すぐに一式を変えるのは現実的ではないので、少しずつ変えていくと良いです。ただし、和風のものはできるだけ下の方に置いておくと目立たなくなります。
また、食器の収納の仕方にも工夫をすることが大切です。重い食器や色が黒っぽいものも下に配置して、明るい色の食器や軽い食器は上に配置します。グラスやコップも上です。このようにすると食器棚の中身がすっきりしているように見えて、ますます北欧風のキッチンに見えます。

北欧インテリアをキッチンに置く    
北欧風のインテリアにするには、北欧のキッチンアイテムも活用しましょう。たとえば、バスケットです。果物をその中に入れておいてキッチンに置いておきます。中に何も入っていなくても問題ありません。また、トレーなどもわざと置いておきます。このように、北欧のアイテムをキッチンに置くだけでオシャレに見えて、来客の際にはちょっとした感動を呼び起こすでしょう。ポイントはあえて片付けるのではなく出しておくことです。
また、やかんや鉢などの小物を置いて、その中に植物を入れるのも北欧テイストとしておすすめです。そもそも植物は明るさと清潔感をかもし出しますので、家の中の雰囲気がオシャレになります。1個とは言わず複数個置いてみましょう。

ビビットカラーのアイテムを取り入れる    
北欧のイメージが強いカラーをキッチンに取り入れることも重要です。たとえば、青色、緑色、灰色は北欧に相応しいカラーです。このようなカラーで部屋全体を統一すると、まとまりが良いだけでなく北欧インテリアにも近づきます。注意点としてはカラーの色を3色に限定することです。そうしてナチュラルさも表すことができます。
また、それだけだと単純なテイストになってしまいますので、アクセントとしてビビットカラーを入れると良いです。おすすめなものは北欧の食器です。他にも、キッチンツールなどの小物のデザインを動物や植物をモチーフにしたものを使うと、ビビットな色合いが醸し出されます。鮮やかなな色合いで部屋も明るくなります。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧インテリアのコーディネートを参考にできる実例ブログ3選!

 

スタイリッシュでバリエーション豊富な北欧テイストのインテリア。

興味はあっても生活の中にどう取り入れたらいいのか分からないという皆さんのために、北欧インテリアでコーディネートされたオシャレなお部屋を公開されているブログを集めました。

ご自分の理想のお部屋を目指すため、ぜひ参考にしてください。


ひより510さんの「ひよりごと」ブログ    
主にデンマークブランドの北欧インテリアを中心にしたコーディネートを公開されているブログです。

ホワイトをベースに、黒やグレーなどでアクセントをつけるモノトーンを基調としたスマートでシンプルなデザインを好まれているようで、相性がいいIKEAや無印良品などのインテリアも取り入れた統一感のあるお部屋作りをしておられます。
モノクロに統一したお部屋はともすると無機質になりがちですが、小物類にアニマルやボタニカルなどのモチーフを使ったり、フレームデザインなどのフォルムにこだわることで遊び心とシンプルさのバランスをとっておられるようです。

グリーンなどをバランスよく配したコーディネートで季節感の演出もされています。

 

MIさんの「めがねとかもめと北欧暮らし」ブログ    
映画『めがね』と『かもめ食堂』に憧れ、北欧インテリアで統一された暮らしを目指しておられます。

無印良品のインテリアをメインにしリサラーソンなどを取り入れた、ウッド素材の家具や緑色を中心としたナチュラルなコーディネートが特徴的です。

お子さんがいらっしゃることもあってか、北欧インテリア独特のスタイリッシュな雰囲気と、小物やファブリックのデザインに取り入れられた温かみのあるかわいらしいテイストのバランスが取れたコーディネートとなっています。

日々のお食事にもこだわっておられるようで、無印良品のキッチングッズなどを使ったお料理が並ぶおいしそうな食卓写真も豊富です。
ブログにはWeb内覧会も公開されています。

さっと一読するだけでも大いにお部屋作りの参考になります。

 

Na〜さんの「WITH LATTICE」ブログ    
「北欧×和」をテーマに、アースカラーを基調としたコーディネートを目指しておられます。

無印良品などの他、Seriaやアイリスオーヤマなどのプチプラ商品も取り入れているのが特徴。

北欧系の家具を揃えつつもリビングとダイニングの間に格子戸を引くなど和のテイストを取り入れ、グリーンなどナチュラルテイストの小物を効果的に配した、温かみのある落ち着いた雰囲気のインテリアとなっています。
整理収納アドバイザー1級の資格を持っているブログ主さんは収納にも工夫を凝らされており、インテリアサイトでは収納術も公開しておられます。

ものが多く乱雑になりがちなキッチンや、ゲーム機やおもちゃといった雑多になりやすいお子さんの持ち物の片付けなど、工夫された散らからない収納のアイデアは自分もやってみたくなるものばかりです。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧風のリビングにするための方法とは?

 

すっきりとシンプルかつナチュラルにまとまった北欧風のインテリアは、長く見ていても飽きが来ません。

それは部屋の中にいることの多い北欧の人々の暮らしの知恵からできあがったデザインです。

今回は北欧風のリビングの特徴や作り方のコツをご紹介していきます。


北欧風のリビングの特徴    
北欧の人々は、日照時間が短く気温が低いという環境のため、一日の多くを室内で過ごします。

そのため室内を快適にする工夫が多く施されており、北欧風のリビングは居心地の良さには定評がり近年人気の高いインテリアです。
北欧風のインテリアは基本的には木の素材をいかした、シンプルでナチュラルなテイストが基調となっており、その中にファブリックなどで色や模様を加えていくという方法でリビングをデザインしていきます。

木目調の白やベージュと合わせやすい色やデザインでインテリアを揃えていくとまとまりの良い空間ができあがります。
組み合わせとしては、白い木目調の家具に黒の革や家具を組み合わせたシックなものや、ベージュの木目に白い色の布や家具を組み合わせた明るい雰囲気のものがおすすめです。

 

おすすめのインテリア    
北欧のインテリアは基調がシンプルなものなので、合わせる素材はシックなものからビビットなものまで様々なものをあわせることができて、インテリアを幅広い趣向で楽しむことができます。
革素材を組み合わせて使用すると落ち着いた大人っぽいリビングができあがります。

またピンクやライトブルーなどペール系の色味を足しても、明るく爽やかな印象になりおすすめです。

そのほかモード系の柄をファブリックに取り入れ、現代アートのポスターなどをインテリアにしてもとがったデザインになって魅力的な印象を与えることができます。

ビビットなパッションピンクなど、元気な色のファブリック類を取り入れると、元気の出るリビングになり帰宅しても楽しい気分でいることができそうです。

 

北欧風のリビングにするためのポイント    
北欧風のリビングにするためには、シンプルでナチュラルなテイストを基調にすることがポイントです。

なるべくアクリルやステンレスなどの人工的な風合いの家具を置かないようにすると、より北欧風の雰囲気を出しやすいでしょう。
家具の素材は木目調もしくは木で出来た家具に統一し、そこにファブリックなどで自分の好みのテイストを足していきます。

また幾何学模様も北欧風インテリアの特徴のひとつなので、幾何学模様のクッションやラグなどを取り入れるとより北欧感が増してきます。
気温が低く日照時間が少ない北欧では、家の中でぬくもりを感じることが重要視されているので、木のぬくもりを感じることができるシンプルで飽きないインテリアが好まれてきました。

インテリアをつくるときには、そういった背景も考えながら作業をするとうまくまとめることができるかもしれません。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

123>|next>>
pagetop