August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アメリカンな部屋へ様変わりできるインテリアの使い方のコツ

アメリカンな部屋へ様変わりできるインテリアの使い方のコツ

アメリカンな雰囲気というのは、ニューヨークスタイルであったりテキサスな感じであったりマンハッタンスタイルであったりとそれぞれにテイストが異なってきます。

ですが常に最先端のセンスを持つアメリカの雰囲気の紹介をしましょう。


アメリカンな部屋の特徴    
アメリカンなインテリアをうまく使ったオシャレな空間の部屋を作るとしたら、気にする事は大きな印象の強い家具をおいて、あとは小物を沢山使うのが良いでしょう。
例えばリビングなども、アメリカンな場合はわりと物が沢山置いてあるイメージが強いです。

ですがそれがぐちゃぐちゃというような感じに見せないのがオシャレです。

照明も大きな照明を一つと、あとは壁際などにランプスタンドなどで温かい雰囲気の明かりで包んでいます。

日本のように蛍光灯のある部屋というよりは、暖色系の明かりを主に使っています。

わりと夜は薄暗いくらいの雰囲気でリラックスしていられるという感じの部屋を演出しています。

大きな存在感のあるソファーに、テレビの周りには大きなテレビ台があり、本や小物で沢山飾られています。

アメリカンに欠かせないインテリアとは    
アメリカンに欠かせない部屋のインテリアは、先ほども述べたように暖色系の照明です。

それにアメリカは日本とは違って家の中も靴の習慣があるのでベッドは欠かせないでしょう。

布団にしているというこだわりの家があるとするならば、そういう家は家の中は靴ははかないでしょう。

それだけベッドというのは必需品です。床に直に置くものといえば汚れてもいいものです。

寝るための物は床には置かないでしょう。ベッドの上にはクッションが沢山あります。これもアメリカンな印象です。

色々なオシャレなロゴの入ったデザインの大きなクッションを沢山並べてふかふかの枕の上で寝るのがアメリカンスタイルでしょう。

壁に貼るポスターなども主流でしょう。
アメリカンな部屋作りのコツ 
アメリカンな部屋を作るには、女の子の部屋の場合はその子の好みにももちろんよりますが大きめなベッドを真ん中なり端に置いて、
そのベッドの上で大体を過ごすので、その周りにはその子がいつも使っているような物を置くためのベッドくらいの高さの棚を置いている子が多いです。そこで部屋にいる間は過ごします。
男の子の部屋の場合は屋根裏なスタイルの部屋が多いです。
シンプルな家具な分、音楽系や好きなアーティストのポスターなどをベッドに寝そべった時上に見える場所に貼ったり普通に壁に貼ったりと沢山貼っているイメージが強いです。
インテリアとしては、ベッドと机くらいのシンプルなものでしょう。
女の子の場合はそれに化粧台位がある程度でわりとシンプルです。
橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop