July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは?

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは?

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは、ヨーロッパの現代的な高級ホテルの内装をイメージしたインテリアのことです。

ソファーやローテーブルなど多めに家具を配置し、強めのデザインでまとめるインテリアは難易度が比較的高め。

今回はインテリアの特徴と失敗しないコツなどをご紹介します。


モダン・ヨーロピアンとは    
モダン・ヨーロピアンとはヨーロッパの現代的な高級ホテルの内装をイメージして作られているインテリアのことをいいます。

高級感があり、ハイセンスを感じさせるお部屋の内装が魅力的で、近年人気が高まってきているインテリアのひとつです。
シンプルモダンに比べると、若干家具を多めに配置するために収納がやや多くなる特徴があり、また主張の多いデザインでまとめることが多いので作る側のセンスが問われる、

比較的難易度が高めのインテリアでもあります。

失敗するとゴテゴテとしてしまったり、奇抜なデザインで目が疲れてしまう、狭くなってしまったといった事態にもなりかねませんので、

あまり内装をまとめるのに自信がないといった場合は、インテリアのプロにお願いするという手段も有効です。

モダン・ヨーロピアンなインテリアの特徴    
モダン・ヨーロピアンなインテリアでは、シンプルモダンのインテリアに比べて家具を多めに配置することが多いです。

例えば、ソファーとローテーブルの組み合わせを置いたり、チェスト、ダイニングテーブルを置いたりするので、収納がしっかり確保できるという利点もあります。
またソファーのデザインに主張の強いものを用いることでも知られており、紫や派手な柄もの、

シンプルであってもこだわった素材のものを用いることが多いです。

合わせるクッションも指し色として強い色を用いるため、組み合わせのセンスが問われます。
木目調などの木のテイストがある家具はあまり好まれず、テーブルや椅子などの足の部分に使用されるにとどまります。

モダン・ヨーロピアンではナチュラルテイストはあまり好まれません。

まとめ    
モダン・ヨーロピアンは、現代的な高級感を表現できるインテリアです。

主張の強い柄や強い色彩を用いてデザインしていくため、インテリアを作る人のセンスが問われる難しいインテリアでもありますが、自分好みのハイセンスな空間を自宅で楽しむことができます。
モダン・ヨーロピアンのインテリアを作る場合は、多くのインテリアデザインを参考にし、

どのような色彩やデザインでお部屋を作って生きたいかしっかりイメージを固めてから取り掛かると、失敗が少ないでしょう。

家具が多く、主張の強いデザインで構成するために、失敗すると目にうるさいものになってしまいがちですが、

うまくインテリアを作ることができれば、自宅でヨーロッパのモダンな高級ホテルの雰囲気を味わうことができます。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop