December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

一人暮らしのオシャレに快適に!北欧インテリアの取り入れるポイント!

一人暮らしのオシャレに快適に!北欧インテリアの取り入れるポイント!    

憧れの一人暮らしを始めるならば、統一感がありシンプルでナチュラルな北欧風インテリアがおすすめです。

白を基調したベースカラーにグリーンやグレーと言った色合いを取り入れ、

さらにビビッドなカラーのファブリックを使えば一気に北欧の雰囲気になります。


北欧インテリアの特徴と魅力    
近年一人暮らしの女性を中心として北欧インテリアに注目が集まっています。

今では日本でも、様々なショップや通販サイトなどで素敵な家具やファブリック・小物を手軽に購入することが出来るようになりました。

そもそも北欧は寒い気候の地域であるため、家で過ごす時間が多いと言われています。

そのため北欧の人々は、家で快適に過ごすことが出来るような家具やインテリアにこだわりを持つようになり、

寒い冬でも温もりを感じることが出来るような木材を使った家具や、

明るい色使いで元気になれるようなファブリックを取り入れるようになりました。
北欧インテリアはシンプルでナチュラルと言う特徴があり、シンプルながら機能的で使いやすく、それでいてかわいいと言う魅力があります。

一人暮らしにおすすめの北欧インテリア    
一人暮らしであれば、全てにおいて自分の好みを反映することが出来ます。

北欧風を取り入れる上で基本となる事は、床や壁と言ったベースになる部分をナチュラルカラーにすることです。

最もコーディネートしやすいカラーは白で、そこにブルーやグリーンと言ったサブカラーのソファーを置きます。

さらにカーテンや椅子などにビビッドカラーを取り入れるようにするとアクセントになります。
そして北欧風インテリアには、棚やベッドと言った北欧風の家具が欠かせません。

木の温もりを感じる木製の家具で丸みを帯びた物を選ぶようにすると、さらに雰囲気が出ます。

また、間接照明も重要です。蛍光灯ではなく、白熱球の照明やキャンドルを使うことをおすすめします。

まとめ    
一人暮らしの場合、部屋を北欧風にするには引っ越しをした時がチャンスです。

まずは照明や家具を変えることで、大きく雰囲気を変えることが出来ます。

さらに明るい色合いのファブリックボードを飾れば、一気に北欧風インテリアになります。

また、カーテンやベッドカバーを季節ごとに取り換えることも北欧流であると言えます。
それほど広くない部屋でも、圧迫感の少ない北欧風の家具を置くことで部屋の狭さを感じさせることもなく、

シンプルでナチュラルなインテリアなので飽きにくく、長い間楽しむことが出来ると言うメリットがあります。

そして観葉植物を飾ったり、カラフルな小物を取り入れたりすることでガラッと雰囲気を変えることも出来るのでおすすめです。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop