June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

北欧カーテンの魅力と使い方!

北欧風のインテリアは、カーテンやラグといったファブリックにも魅力があります。

北欧カーテンはデザインの種類が豊富で、色調もソフトなものからビビッドなものまで様々です。

ファンシーなデザインの商品を選べばそれだけで部屋の中が明るくなり、逆にシックなカーテンであれば深いリラックスを与えてくれます。 


北欧カーテンとは    
北欧カーテンは、ヨーロッパの北の端にあるスカンジナビア諸国で生まれた、デザイン性に富んだ色柄の美しいカーテンです。

元々は、フィンランドやスウェーデンなどのファブリック・メーカーが製作して販売していましたが、

現在では国内メーカーの製品を含めて、様々な種類の北欧風カーテンを目にすることができます。
北欧カーテンの特徴は、何と言ってもその創造性に富んだデザインにあります。

原色の動植物をあしらった大胆な構図のものが多く、インテリアの中に取り入れることで、部屋の中に活気や明るさが満ちてきます。

また、中には安らぎが感じられる落ち着いたデザインの商品もあり、バリエーションは決して一つではありません。

使う人の個性に合わせて、色々なシーンに活かせることが北欧カーテンの魅力となっています。

北欧カーテンの特徴と魅力    
北欧カーテンの多くは、ポップなデザインを採用しつつも、どこか奥ゆかしい気品を漂わせているのが特徴です。
柄物と言っても単純に模様を繰り返している訳ではなく、余白が十分に活かされていて、描かれた花や動物たちが持っている個性を、かえって生き生きと感じさせてくれます。

そのため、独創的なデザインでありながらも、部屋の中にすっと馴染んでいくような自然さがあります。

インテリアの主役としてだけでなく、脇役としても活躍してくれるのが、北欧カーテンの持つ大きな魅力の一つでしょう。
有名ブランドの商品は、色数やデザインの種類が多く、選んでいるだけで楽しい気分になれます。

キュートな花柄からシンプルな幾何学模様まで、男性にも女性にも幅広く受け入れられるのが北欧カーテンだと言えます。

北欧カーテンを取り入れるポイント    
北欧カーテンは、様々なタイプのインテリアに活用することができます。

可愛らしいアニマル・プリントであれば、小さな子供の個室にぴったりです。

また、華やかなボタニカル柄は、大人の女性の雰囲気にもよく合います。
寝室や個室だけでなく、リビングやダイニングといった大人数で過ごす部屋の彩りとして使っても、北欧カーテンはマッチします。

例えば、シックなモノトーン・カーテンなら、食事時間や家族で過ごす大切なひと時を、優しい気分で演出してくれます。

また、ペールトーンの北欧風カーテンは、深い安心感とリラックスを与えてくれるものです。
部屋の間仕切りやカフェ風など、ワンポイントで使用しても北欧カーテンは生きてきます。

こういった場合には、あえて派手めのものを選ぶことで、インテリアのアクセントにすることが可能になります。 
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop