October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

北欧インテリアでマンションをオシャレにしよう!

北欧インテリアでマンションをオシャレにしよう!

マンションを購入した場合、まず考えるのはどのようなインテリアにしようか、ということです。

マンションの空間は狭いので、過剰な装飾のある家具を入れると、部屋がすっきりとまとまりません。

そこでお勧めできるのは、シンプルであたたか味のある北欧風のインテリアを取り入れる、ということです。


マンションにおすすめの北欧インテリア    
北欧インテリアでは、ホワイトやナチュラルカラーを中心に、使う色を2、3色に定めて、部屋に統一感を与えます。

このことが、日本の狭いフローリング張りの一般的なマンションの部屋でも、広く見せる効果を与えます。

また、部屋に自然のモチーフを多用する、それどころか自然の一部である観葉植物を上手に取り入れることによって、

マンションの無機質な部屋が、大人可愛いくつろぎ間のあるスペースに生まれ変わります。

植物など自然のものを持ち込んでいても、色合いをあまり甘い雰囲気のものに統一しないようにしたら、

たとえ大人の男性であっても、安心してくつろげる空間にすることができます。
日本の狭いマンションの空間においてこそ、北欧のインテリアは、取り入れるのにふさわしいスタイルだといえるでしょう。

注意点とポイント    
北欧のスタイルをマンションに取り入れるとき、警戒しなければならないのは、

「インテリア小物があまりに可愛らしく、かつ洗練されている」ことではないでしょうか。

このこと自体は北欧デザインの小物の優れた特徴であるのですが、問題は、いろいろと欲しいものが現れすぎて、

必要のないものまで買い込んで、コレクション状態になってしまうことです。
食器や部屋のファブリックなどを選ぶとき、必ずそれらが、テーマカラーと一致している、

少なくともテーマカラーと調和しているか、を念頭に置いて、必ず必要な個数だけ、選ぶようにしましょう。

素敵なデザインの小物を見つけたら、ついつい手に入れたくなってしまうのが常ですが、実際に必要なものの個数は限られているのです。

まとめ    
最近の日本のマンションは、白い壁にナチュラルな感じのフローリング、といった内装が一般的なので、

特に北欧スタイルの中でも、白を基調とするインテリアがしっくりと調和するつくりになっています。

ここに北欧風の洗練されたデザインの家具を必要最低限置いて、アースカラーを差し色に取り入れたり観葉植物を置いたりするだけで、部屋がずいぶんくつろいだ感じになります。

マンションの家具選びについては、常に言えることですが、家具はできるだけ小ぶりのものを選んで、必要のないソファーや、お客用の余分な椅子まで選ばないようにしましょう。
そして、生活をいろどる小物類に関しても、この点は同様です。

北欧デザインの小物達には、可愛さと洗練さが同居した、不思議な魔力があるのです。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop