November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

一人暮らしに本当におすすめの家具とは?

さて一人暮らしを始めようとした時に、家具は何が必要なのかはその人によって個人差の大きいものですよね。

それぞれに価値観は違うのですから当たり前のことです。

ですが一般的に見ておすすめの家具を紹介していきます。


複数のものを収納できるユニットシェルフ    
一人暮らしをする時に必要な家具は、便利に収納ができるものと思う人は多いでしょう。

特に一人暮らしの部屋は狭い場合が大体ですので、その部屋の収納が充実していない場合は自分で収納を考えなければなりません。そうなった時に便利な家具といえば、ユニットシェルフです。
これがあれば色々な種類の小物や洋服などまとめて収納ができるので、一つあれば一人暮らしの部屋の物は大体収納できてしまうでしょう。

ものが多い人はそれをもう一つ用意してもいいでしょう。
物が多く外に出て散らばっているようなことにはならないでしょう。

それを置くことで部屋が多少狭くなったとしても、綺麗に収納ができて余計なものが外に出なければそれだけで気持ちスッキリしていることでしょう。

コンパクトなテーブル    
それ以外に一人暮らしに必要な家具として挙げられるのは、コンパクトなテーブルでしょう。

できれば折りたたみなどができるタイプがおすすめです。ただでさえ狭い部屋なので、ずっとテーブルが置いてあるよりは必要ないときはしまえるようなタイプの方が何かと便利でしょう。

少ないスペースを上手に使うには他にもコンパクトにできる家具を揃えましょう。そうすれば来客が来た時などにもスペースを作ることができます。
例えば、もしもベッドを置くのであればそのベッドをソファーにできるようなものを選ぶとか、ベッドを置くのであればソファーは置かないでベッドとソファーを兼用するようにしたり、それだけでもスペースは作ることができます。

そのように一人暮らしの時こそ工夫が必要です。

スペースを有効活用できるベッド    
一人暮らしの家具の中でも一番位に場所を取る家具がベッドです。

なのでもしもスペースを確保したいのであればベッドにしないで布団にするという手段もありでしょう。

そうすれば畳んで収納してしまえば部屋がとても広く使うことができます。

ただ、畳んでまた敷いてという作業が面倒になる場合はやはりベッドの方が楽でしょう。 
ですが狭い部屋にベッドを置くとなると小さめのベッドを置くか、先ほども述べたようにベッドをソファー代わりにしてスペースを作れるようにするかなど工夫しなければなりません。

ベッドもソファーも置くとなるとそれなりに場所を取ってしまうので、それ以外のものをなかなか置けなくなりますのでコーディネートが難しくなります。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop