November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ナチュラルな家具の特徴と選び方!

 

部屋のイメージを全体的にナチュラルにしようとすると、どのような色合いの家具や雰囲気作りをすればいいでしょうか。

あまりぐちゃぐちゃと物を置くというよりはうまく収納を見せながら綺麗にしまうという感じにすればいい感じになるでしょう。


ナチュラルな家具の特徴    
ナチュラルな家具の特徴は、暖色系の木目調で、色合いも明るい柔らかい印象の物でしょう。

明るい木の色合いの物を選べばそれだけでもナチュラルさは出ます。

色が暗い木目調のものを選ぶと、部屋の明るさが明るくてもシックだったりモダンというイメージになりやすいので、ナチュラルさを出したいのであれば明るい色合いの物を選びましょう。
角もするどいものではなく、丸みをおびているような商品を選んで子供が一緒にいても違和感のないようなものを選べば自然とナチュラルさは出ます。

明るい木の色、白などを基調とした感じのカラーでそろえて小物などでインパクトのあるようなものを並べるといいアクセントにもなるので良いでしょう。そのあたりをうまく調節します。

 

木材の家具を選ぶ    
ナチュラルな家具を選びたいと思ったら、先ほども言いましたように木材の家具を選ぶのが無難です。

その木材の中でも明るい色みの物です。それに白をプラスしてより明るい印象にしましょう。とくにリビングなど光が入ってきやすいような部屋にあえて明るい色の家具を置くことでより綺麗な温かい雰囲気の部屋を作ることができます。

また、子供部屋などもこれと同じようにすればとても可愛い部屋が出来上がるでしょう。
ガラス系を選ぶよりも木目調のものを選んだ方がそれだけでナチュラルさが出ますので手っ取り早い方法です。

そこにシンプルに飾りや置物を置いてあげるだけでも可愛らしい空間になります。

余計な物を沢山置くというよりは少しアクセントになる程度の物を置くだけでいいでしょう。

 

アイボリー×ブラウン色の家具を選ぶ    
さらにナチュラルさを出す為に、アイボリーであったりブラウンだったりそういうカラーの物を少しずつ取り入れてあげましょう。ブラウンカラーは取り入れすぎると部屋が暗くなりがちになるので、うまくアイボリーと組み合わせて暗くなりすぎないように工夫をします。
例えば床などは面積の広い部分なので、そこを暗めのブラウンにしてしまうとそれだけで部屋が狭く暗くなってしまうので、そうならない為にも床は明るい色みの物にしましょう。

壁も同様です。ブラウンを持ってくるとしたら、小さい家具であったり小物であったりと部屋のメインにならないようなものとして取り入れましょう。

そうしてうまい取り入れ方をすればメリハリが出てより素敵なお部屋になるでしょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop