July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ナチュラルインテリアの特徴と魅力とは?

 

木目調を基調とした緑と調和しやすいインテリアです。

家具やファブリック類なども目に優しい雰囲気を出せるので、刺激よりやすらぎを求める人にはおすすめです。

ナチュラルインテリアの代表的なテイストをご紹介します。


ナチュラルインテリアとは    
ナチュラルインテリアは、木目調など自然の素材でインテリアを構成されています。

白やベージュなどの色を基調として、そこに植物などの緑が追加されることもあります。

基本的には周囲の自然と調和しやすいインテリアです。

また都会のマンションであっても、部屋の中に自然の空気を持ち込むことができるので、お部屋をほっと癒される空間にしたい人には向いています。
木目調の家具に合わせる家具やファブリックの色合いによっても、お部屋の雰囲気を自分好みに仕上げていくことができます。

黒や茶系でまとめればシックな雰囲気に、ピンクやオレンジなどの暖色系でまとめればかわいらしい印象にと、いろいろなデザインのお部屋つくれるインテリアです。

 

ナチュラルインテリアの特徴と魅力    
ナチュラルインテリアの特徴は木目調がデザインの基調であること、直線やすっきりとした曲線で構成されていること、奇抜な色やデザインを使用しないということがあげられます。
木目調は白やベージュが基本ですが、オークなどの茶色が濃い木材を使用してインテリアをつくっていくこともあります。

木材でつくられた家具は直線や、複雑でないシンプルな曲線で構成されており、強い主張をしません。

またクッションやカーテンなどのファブリック類のデザインに関しても、強烈な色やデザインは使用せず、あくまでも調和の取れたやわらかい雰囲気のものが選ばれる傾向があります。
代表的な色の組み合わせとしては、ベージュの木目調に黒や茶色といったシックで大人っぽい組み合わせや、白やベージュの木目にペール系のカラーを組み合わせたやさしい雰囲気のものがよく見られます。

 

まとめ    
ナチュラルインテリアは日常生活をやさしい雰囲気でつつむインテリアです。

強烈な主張や個性を前面に押し出すことはしませんが、シンプルであたたかみのあるデザインが、暮らしにやすらぎと安心感を与えます。

緑との相性もいいため、部屋の中に観葉植物を置きやすく、癒しの空間をつくりやすいという特徴もあります。
カーテンやクッション、ソファーなどもアース系のカラーやペールカラーを使用すると、より自然の雰囲気が出て癒されることができるでしょう。アロマキャンドルなどの赤色光や、間接照明とも相性が良く、夜間もリラックスタイムなどでインテリアを楽しむことができます。

また黒や茶色のファブリック類とも相性が良いので、シックな雰囲気にすることもできて、汎用性の高いインテリアです。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop