March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

おしゃれなキッチンにするためのインテリア術!

 

毎日の料理を楽しく行いたいなら、キッチンのインテリアにこだわる方法がおすすめです。

まずは、家電や家具の選び方が重要なポイントになりますから要チェックです。さらに、器具や調味料の収納について工夫しましょう。


白を基調としたインテリアで統一する    
おしゃれなインテリアのキッチンを目指しているなら、家具や家電を購入する場合には十分に吟味しましょう。

広々としたキッチンにしたいなら、インテリアのカラーにこだわることがコツです。
最もおすすめしたいカラーは白です。清潔感があふれるキッチンになりますし、開放的な雰囲気になります。

家具や家電を新たに購入するなら、白を重点的に探してみましょう。

白はほかのカラーを引き立てる役割を果たしますので、観葉植物を置いただけでもインテリアとしての効果を十分にもたらします。白い食器棚に並べた色とりどりのマグカップは、見た目がカラフルで楽しくなります。

さらに、冷蔵庫や電子レンジなどの家電を白にすれば、圧迫感を与えることがありません。

 

器具を収納できるインテリアを取り入れる    
キッチンのインテリアにこだわりたい場合、最も頭を悩ませるのは収納です。

鍋やフライ返しなど、さまざまな器具を利用しますが、調理台の上に置いたままだと雑然とした印象を与えます。

また、頻繁に使用する塩や砂糖などの調味料を手元に置くと便利ですが、生活臭が漂うので雰囲気を壊してしまいます。
そのような時は、収納を工夫することが大切です。

まず、見せる収納か、仕舞う収納か、どちらかを選びましょう。

見せる収納にしたいなら、器具を壁にかけたり、調味料をおしゃれな容器に移し替えたりする方法がおすすめです。

仕舞う収納にしたいなら、デザインが優れた棚を取り付けましょう。調理台の周辺に棚を取り付ければ使いやすくなります。

 

食器は棚や壁を使っておしゃれに置く    
おしゃれなインテリアで統一したキッチンを目指しているなら、さまざまな方法を取り入れて工夫することが重要です。
広くて開放感あふれるキッチンにしたいなら、白い家具や家電を設置しましょう。

ほかのカラーを引き立てる効果がありますので、見栄えが良いキッチンになります。
また、器具や調味料が置きっ放しになっていると、雑然とした印象のキッチンになってしまいます。

そのような場合は、器具や調味料をインテリアとして見せる収納がおすすめです。

壁にかければ、インテリアとしてキッチンに馴染みます。

また、器具や調味料を仕舞っておきたいなら、優れたデザインの棚を用意しましょう。器具や調味料を取り出しやすいことがポイントです。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop