May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アジアンスタイルのインテリアの特徴と魅了

 

異国情緒や温もりが感じられるアジアン雑貨やアジアン家具。

そんなオリエンタルなテイストを取り入れることで、インテリアには大人の落ち着きと明るさが生まれてきます。

自然素材をふんだんに使ったアジアンスタイルのインテリアで、部屋を安らぎの空間にしてみてはどうでしょうか。


アジアンスタイルとは    
アジア各国の伝統的な素材や造りの家具を集めて部屋をコーディネートする、そんなインテリアがアジアンスタイルになります。
アジアと言っても一国ではないので、タイやインドネシア、中国など、国や地域によってデザインは少しずつ違います。

しかし、それぞれに共通しているのは、使用されている素材のほとんどが植物や布といった天然のものだということ。

色合いも茶色や緑、ベージュなどどこか温かみの感じられるものばかりです。

そのため、アジアンスタイルの家具や雑貨で部屋をコーディネートすれば、自然に統一感が生まれてきます。
アジアン家具に使われている素材の中でとくに多いのが、木材や竹材、ラタンなどです。

水草の一種であるウォーターヒヤシンスもよく用いられます。 

 

アジアンスタイルのインテリアの特徴と魅力    
アジアンスタイルのインテリアは、雑貨や小物から集めていくことで誰でも気軽に始められるという魅力があります。

籐編みの花瓶やランプシェードなどは和風の部屋にもよく合い、だんだんに家具をアジアンなものへと置き換えていっても違和感がありません。
南国風にコーディネートするのであれば、竹製のブラインドや衝立を用いることで、日差しを程よく調節してくれ、風通しも良くなるため、部屋に広々とした開放感が出てきます。

ソファーやローテーブルを中心にして、照明もお洒落なものを選べば、リゾートホテル風のゴージャスな空間を生み出すことができます。
また、自然素材の家具は耐久性に優れているのに硬くないため、子供がいても大きな怪我をする心配が少ないのがポイントです。

 

まとめ    
アジアンスタイルは、どこか一つの地域のアイテムで統一するのが基本ですが、国を越えて無国籍風にするアジアンミックスというコーディネートの仕方もあります。

清楚な自然素材の家具は、モダンやクラシックといったインテリアの中にワンポイントで配置しても引き立ちます。
部屋の明かりを間接照明に変えれば、雰囲気もぐっと増します。

また、ブラウンや緑ばかりが溢れていると騒々しく感じられてしまうこともあるため、黒やダークブラウンといった暗色系の家具をいくつか含めることで、全体のトーンを引き締めることが可能です。
アジアンスタイルのインテリアは、どこか懐かしさや優しさが感じられ、普段忙しい生活を送っている人の心にもきっと潤いを与えてくれるでしょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop