January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

おしゃれ力がUP!するインテリア術にコツとは?

 

おしゃれな空間が楽しむことができ、尚且つ、快適な暮らしやすさを演出するため、インテリア選びは外せません。

失敗しないインテリア活用術、落ち着いた部屋造りに欠かせないお部屋コーディネート術を詳しく見ていくことにしましょう。


家具は低めなものを選ぶ    
視線を通るようにするためには、家具は低めのものを選ぶことがポイントになってきます。

自分の身長よりも高い家具に囲まれていると視界が遮られ、威圧感を感じてしまいます。
立った時、座った時の高さを意識しながら家具を選んでいきましょう。

リビングなどに置く、収納BOXは椅子に座った生活が中心になるので90cm程度に抑えるのが無難です。

また、フローリングに座る生活が中心になれば50cm程の高さにまとめるとすっきりした印象になります。

ダイニングチェアも高さが高ければ視界が妨げられてしまうので、部屋の配色に合わせたものやコンパクトなデザインにすると広々とした、開放的な住まいになりますのでインテリアを配置するコツとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

使う色は3色以内にする    
インテリアを配置するコツとして使う色は3色以内にすると部屋全体のバランスが取れ、まとまった印象に見えます。
「ベーシックカラー」「サブカラー」「アクセントカラー」に分けて配色を考えていきます。

全体の70%をベーシックカラー、25%をサブカラー、残りの5%をアクセントカラーにして配分してみて下さい。

アクセントカラーが占める理想的な割合は5%ですが、このアクセントカラーをないがしろにしてしまうと部屋全体がぼやっとした印象になってしまいますので、要注意です。

ベーシックカラーとサブカラーが同系色の場合、アクセントカラーは違うものを選ぶことをおすすめします。

暖色、寒色などの対照的なカラーを置くことがポイントです。

 

収納できるインテリアを取り入れてものを置かない    
収納できるインテリアを部屋に入れることによって、ものを置かないことがすっきりした部屋に見せるコツです。
生活感が溢れた部屋はどうしてもすっきりせず、物が溢れている印象を来客者に与えてしまいます。

それだけではなく、部屋全体が狭く見えてしまいます。

物を詰め込みすぎてしまうと、後からどこに何を置いたのか分からなくなってしまいますので隙間はそのまま確保しておくことが大切です。また、自分自身の生活のリズムを思い出してみてください。

毎日通るところ、何度も使うものはリビングや玄関先などの収納ケースに置いておけば、散らばらず、綺麗な状態を維持できます。よく使うものは置き場所選びが重要になってきます。

この方法さえ押さえておけば「誰にでも無理のない片付け」が可能になるのではないのでしょうか。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop