May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

人気の無垢素材の木製インテリアの魅力とは?

 

無垢素材は高級なイメージがあり、木製インテリアを部屋に取り入れたい時には憧れる方も多いですよね。

家具など大きなものになると、値段も高価ですので失敗できないという不安もあるかもしれません。失

敗しないためにも、無垢素材の特徴と魅力を一緒に考えてみましょう。


無垢素材とは    
無垢素材とは山などから伐採された木そのままを使用して作ったものを言います。

切り出した木を板にし、それをカット、デザインして作ります。

現在安価で大量生産することができるフラッシュ製法と違い、接着剤の量が少なく同じものが他にはないという特徴があります。そして木そのものを使っているため、年数を重ねるごとに風合いが変わるとともに、表面に傷がつきやすく、水分も吸収するという特徴もあります。
家具が作られ始めた当初から、戦後フラッシュ製法が主流になるまで世界でも多く生産され、日本の木造建築のインテリアにも馴染みやすい素材です。

現在では古くデザイン性が高いものはヴィンテージ家具としてインテリアでも愛され、高価で店頭に並ぶことも多くあります。

 

無垢素材の木製インテリアの魅力    
無垢素材は、木そのものを使っているため手の感触も柔らかく、温かみがあることが魅力です。

そして年数を重ねるごとに風合いが増し味わいのあるものになっていきます。
傷がつきやすく、水を入れたコップなどを置くと輪っかのような跡がついてしまうなど、気を付けなければならない点もありますが、自宅でメンテナンスをすることも可能です。

表面を削ることができますので、傷や跡などはサンドペーパーで補修できるためです。
また無垢素材の木製インテリアは、木そのものであるため湿気を吸収するなど呼吸をしてくれます。

衣類を入れるタンスなどにも適していると言えるでしょう。

しかしなんといっても魅力は手間がかかる分、自分で愛着がわく家具に育て上げることができることでしょう。

 

まとめ    
無垢素材は自然素材の木そのものを使ってあるため、感触も柔らかくぬくもりのあるインテリアを作ることができます。

そのため日本の建築の主流である木造のインテリアにもマッチするとされています。

そしてフラッシュ製法と違い接着剤を使用する回数も少ないか、ゼロの場合もありますので健康的にも優れた素材とも言えるでしょう。
また、年数が増すごとに風合いが増し味のあるものに育っていくということが1番魅力です。

表面をメンテナンスが可能であるということも特徴で、大きな傷や割れでなければ、サンドペーパーを使用し自分で直すこともこともできます。

自分の子供のように手をかけて育てることができ、他にないものを作ることができることも楽しみの1つでしょう。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop