May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

オールドとアメリカンインテリアの特徴

オールドインテリアの魅力    
オールドアメリカンインテリアは、作られた年代に関係なく時代の経過を感じさせるアメリカン家具です。

使い込まれたオールドインテリアの魅力は、経年美と優雅さです。
経年美は、インテリアの素材でも変わります。

たとえば、木の素材でできた家具では、小さな傷や塗装の剥がれ、鉄材だと錆びたり、革の素材だとシワや色が変化したりとさまざま。

しかし経年美こそが大切に使われ続けた年月を物語っています。ときにその年月は、人の手に馴染みやすいように柔らかくなったり、使いやすくなったりすることも。
優雅さは、年月がもたらした貫禄です。オールドインテリアが一つあれば、落ち着きと余裕が感じられるお部屋が作れます。

大人のアメリカンスタイルを楽しみたい方にオールドアメリカンインテリアはおすすめです。

アメリカンインテリアの魅力    
オールドアメリカンインテリアの魅力は、経年美が美しい木材とシンプルで飽きの来ないデザインとノスタルジックなインディゴカラーです。

経年美が美しい木材には、パイン材やチェリー材、オーク材が使用されています。

木の温もりが感じられる仕上げのオイルステイン塗装がおすすめです。
シンプルで飽きの来ないデザインは、長い月日を共にいつまでも過ごせます。

素朴で温かみあるデザインのインテリアも多く、ロッキングチェアやカップボードにも特色がよく出ています。
ノスタルジックなインディゴカラーは、濃い藍色のデニムを染めた色です。

この色は、デニム同様愛用すればするほど色あせていきます。同時に、生地は柔らかくなり風味のある色合いを見せてくれます。

まとめ    
オールドアメリカンインテリアは、古き良き時代と現代の折衷の役割を果たしてくるインテリアです。

それはオールドアメリカンインテリアがシンプルで素朴なデザインため、現代のインテリアとも調和するからです。
また、オールドアメリカンインテリアの家具は落ち着いた色合いのものが多いため、好きな色との組み合わせが楽しめます。

たとえば、白を基調とした部屋にオールドアメリカン家具をおけば、ナチュラルシックなお部屋に。

黒を基調としたお部屋におけば、クールな大人の空間の中に木の温かみをプラスできます。

明るい色の中にオールドアメリカン家具が1つあれば、大人の余裕と子供の無邪気な遊び心がバランスよく融合された空間となるでしょう。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop