September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ダイニングの主なインテリアスタイル特徴まとめ

 

インテリアコーディネートの中でも基本となる場所の一つがダイニングです。

ダイニングは、ただ食事を取るだけでなく、家族が集まって団欒のひと時を楽しむところ。

それだけに、機能性だけでなくデザインや快適性も備えたインテリアにすることで、より素敵な心地良い空間になります。


シンプルな北欧ダイニングの特徴と魅力    
北欧スタイルのインテリアの特徴は、何よりもお洒落でスタイリッシュなことでしょう。

遠く離れた異国の地で生まれたデザインながら、その温かみのある洗練されたデザインは、和の心を大切にする日本のダイニングにもぴったりと合います。
北欧スタイルの家具には、今まで目にしたこともないような斬新なデザインのものも目立ちますが、機能性が重視されていて、実際に使ってみると誰もが満足する納得の使いやすさがあります。

白やグレーなど、落ち着いたモノトーンの色使いが多いのもこのデザインの特徴です。
最近では北欧家具を専門に扱っているお店もあり、日本でも名前の知られた有名デザイナーが多数いるため、比較的コーディネートはしやすいかもしれません。奥深さとともに親しみやすさも併せ持ったダイニングにすることができます。 

 

現代的なモダンダイニングの特徴と魅力    
モダニズムのデザインは、20世紀の初めに絵画や建築といった前衛的な芸術から始まりました。今ではすっかり風格が増して、デザイン・バリエーションの中でもなくてはならないものの一つとなっています。
モダンスタイルで彩ったインテリアは、現代的な生活スタイルにマッチした安定感と落ち着きを持っているのが特徴です。ガラスやスチールなど一見無機質な素材を使いつつも、アクティブな現代人の動線に合ったスムーズな動きをしてくれるため、使用していてストレスがありません。
ことに、ダイニングは立ったり座ったり物を移動させたりと、何かと動きの多い場所です。

照明や収納にも気を配りつつ、チェアやテーブルを配置すれば、自宅のダイニングをカフェのようなリュクスな場所へと変えることができます。 

 

上品なヨーロピアンダイニングの特徴と魅力    
古き良き時代のエレガントなインテリアを再現するのであれば、ヨーロピアンスタイルのダイニングもお勧めです。

曲線を活かした温もりのあるデザインは、忙しい現代人の心を静かに癒してくれます。
ヨーロピアンスタイルには、イタリアンやイングリッシュなどいくつかの種類がありますが、そのどれもがウッドやアイアン、革といった伝統的な素材を使って作られているのが特徴です。

自然な肌触りはどこか懐かしく、異国情緒にも溢れています。カップボード一つとってみても、単なる物入れではなく、いつまでも触れていたくなるような人を魅了する贅沢なデザインが施されています。
例えば、木目の美しいウッドテーブルに革張りのチェアなどを合わせてダイニングを構成すれば、普段の食事だけでなく、来客の際にも豪華なもてなしが可能になります。 

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

pagetop