June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

北欧インテリアでマンションをオシャレにしよう!

北欧インテリアでマンションをオシャレにしよう!

マンションを購入した場合、まず考えるのはどのようなインテリアにしようか、ということです。

マンションの空間は狭いので、過剰な装飾のある家具を入れると、部屋がすっきりとまとまりません。

そこでお勧めできるのは、シンプルであたたか味のある北欧風のインテリアを取り入れる、ということです。


マンションにおすすめの北欧インテリア    
北欧インテリアでは、ホワイトやナチュラルカラーを中心に、使う色を2、3色に定めて、部屋に統一感を与えます。

このことが、日本の狭いフローリング張りの一般的なマンションの部屋でも、広く見せる効果を与えます。

また、部屋に自然のモチーフを多用する、それどころか自然の一部である観葉植物を上手に取り入れることによって、

マンションの無機質な部屋が、大人可愛いくつろぎ間のあるスペースに生まれ変わります。

植物など自然のものを持ち込んでいても、色合いをあまり甘い雰囲気のものに統一しないようにしたら、

たとえ大人の男性であっても、安心してくつろげる空間にすることができます。
日本の狭いマンションの空間においてこそ、北欧のインテリアは、取り入れるのにふさわしいスタイルだといえるでしょう。

注意点とポイント    
北欧のスタイルをマンションに取り入れるとき、警戒しなければならないのは、

「インテリア小物があまりに可愛らしく、かつ洗練されている」ことではないでしょうか。

このこと自体は北欧デザインの小物の優れた特徴であるのですが、問題は、いろいろと欲しいものが現れすぎて、

必要のないものまで買い込んで、コレクション状態になってしまうことです。
食器や部屋のファブリックなどを選ぶとき、必ずそれらが、テーマカラーと一致している、

少なくともテーマカラーと調和しているか、を念頭に置いて、必ず必要な個数だけ、選ぶようにしましょう。

素敵なデザインの小物を見つけたら、ついつい手に入れたくなってしまうのが常ですが、実際に必要なものの個数は限られているのです。

まとめ    
最近の日本のマンションは、白い壁にナチュラルな感じのフローリング、といった内装が一般的なので、

特に北欧スタイルの中でも、白を基調とするインテリアがしっくりと調和するつくりになっています。

ここに北欧風の洗練されたデザインの家具を必要最低限置いて、アースカラーを差し色に取り入れたり観葉植物を置いたりするだけで、部屋がずいぶんくつろいだ感じになります。

マンションの家具選びについては、常に言えることですが、家具はできるだけ小ぶりのものを選んで、必要のないソファーや、お客用の余分な椅子まで選ばないようにしましょう。
そして、生活をいろどる小物類に関しても、この点は同様です。

北欧デザインの小物達には、可愛さと洗練さが同居した、不思議な魔力があるのです。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

北欧カーテンの魅力と使い方!

北欧風のインテリアは、カーテンやラグといったファブリックにも魅力があります。

北欧カーテンはデザインの種類が豊富で、色調もソフトなものからビビッドなものまで様々です。

ファンシーなデザインの商品を選べばそれだけで部屋の中が明るくなり、逆にシックなカーテンであれば深いリラックスを与えてくれます。 


北欧カーテンとは    
北欧カーテンは、ヨーロッパの北の端にあるスカンジナビア諸国で生まれた、デザイン性に富んだ色柄の美しいカーテンです。

元々は、フィンランドやスウェーデンなどのファブリック・メーカーが製作して販売していましたが、

現在では国内メーカーの製品を含めて、様々な種類の北欧風カーテンを目にすることができます。
北欧カーテンの特徴は、何と言ってもその創造性に富んだデザインにあります。

原色の動植物をあしらった大胆な構図のものが多く、インテリアの中に取り入れることで、部屋の中に活気や明るさが満ちてきます。

また、中には安らぎが感じられる落ち着いたデザインの商品もあり、バリエーションは決して一つではありません。

使う人の個性に合わせて、色々なシーンに活かせることが北欧カーテンの魅力となっています。

北欧カーテンの特徴と魅力    
北欧カーテンの多くは、ポップなデザインを採用しつつも、どこか奥ゆかしい気品を漂わせているのが特徴です。
柄物と言っても単純に模様を繰り返している訳ではなく、余白が十分に活かされていて、描かれた花や動物たちが持っている個性を、かえって生き生きと感じさせてくれます。

そのため、独創的なデザインでありながらも、部屋の中にすっと馴染んでいくような自然さがあります。

インテリアの主役としてだけでなく、脇役としても活躍してくれるのが、北欧カーテンの持つ大きな魅力の一つでしょう。
有名ブランドの商品は、色数やデザインの種類が多く、選んでいるだけで楽しい気分になれます。

キュートな花柄からシンプルな幾何学模様まで、男性にも女性にも幅広く受け入れられるのが北欧カーテンだと言えます。

北欧カーテンを取り入れるポイント    
北欧カーテンは、様々なタイプのインテリアに活用することができます。

可愛らしいアニマル・プリントであれば、小さな子供の個室にぴったりです。

また、華やかなボタニカル柄は、大人の女性の雰囲気にもよく合います。
寝室や個室だけでなく、リビングやダイニングといった大人数で過ごす部屋の彩りとして使っても、北欧カーテンはマッチします。

例えば、シックなモノトーン・カーテンなら、食事時間や家族で過ごす大切なひと時を、優しい気分で演出してくれます。

また、ペールトーンの北欧風カーテンは、深い安心感とリラックスを与えてくれるものです。
部屋の間仕切りやカフェ風など、ワンポイントで使用しても北欧カーテンは生きてきます。

こういった場合には、あえて派手めのものを選ぶことで、インテリアのアクセントにすることが可能になります。 
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

一人暮らしのオシャレに快適に!北欧インテリアの取り入れるポイント!

一人暮らしのオシャレに快適に!北欧インテリアの取り入れるポイント!    

憧れの一人暮らしを始めるならば、統一感がありシンプルでナチュラルな北欧風インテリアがおすすめです。

白を基調したベースカラーにグリーンやグレーと言った色合いを取り入れ、

さらにビビッドなカラーのファブリックを使えば一気に北欧の雰囲気になります。


北欧インテリアの特徴と魅力    
近年一人暮らしの女性を中心として北欧インテリアに注目が集まっています。

今では日本でも、様々なショップや通販サイトなどで素敵な家具やファブリック・小物を手軽に購入することが出来るようになりました。

そもそも北欧は寒い気候の地域であるため、家で過ごす時間が多いと言われています。

そのため北欧の人々は、家で快適に過ごすことが出来るような家具やインテリアにこだわりを持つようになり、

寒い冬でも温もりを感じることが出来るような木材を使った家具や、

明るい色使いで元気になれるようなファブリックを取り入れるようになりました。
北欧インテリアはシンプルでナチュラルと言う特徴があり、シンプルながら機能的で使いやすく、それでいてかわいいと言う魅力があります。

一人暮らしにおすすめの北欧インテリア    
一人暮らしであれば、全てにおいて自分の好みを反映することが出来ます。

北欧風を取り入れる上で基本となる事は、床や壁と言ったベースになる部分をナチュラルカラーにすることです。

最もコーディネートしやすいカラーは白で、そこにブルーやグリーンと言ったサブカラーのソファーを置きます。

さらにカーテンや椅子などにビビッドカラーを取り入れるようにするとアクセントになります。
そして北欧風インテリアには、棚やベッドと言った北欧風の家具が欠かせません。

木の温もりを感じる木製の家具で丸みを帯びた物を選ぶようにすると、さらに雰囲気が出ます。

また、間接照明も重要です。蛍光灯ではなく、白熱球の照明やキャンドルを使うことをおすすめします。

まとめ    
一人暮らしの場合、部屋を北欧風にするには引っ越しをした時がチャンスです。

まずは照明や家具を変えることで、大きく雰囲気を変えることが出来ます。

さらに明るい色合いのファブリックボードを飾れば、一気に北欧風インテリアになります。

また、カーテンやベッドカバーを季節ごとに取り換えることも北欧流であると言えます。
それほど広くない部屋でも、圧迫感の少ない北欧風の家具を置くことで部屋の狭さを感じさせることもなく、

シンプルでナチュラルなインテリアなので飽きにくく、長い間楽しむことが出来ると言うメリットがあります。

そして観葉植物を飾ったり、カラフルな小物を取り入れたりすることでガラッと雰囲気を変えることも出来るのでおすすめです。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

部屋に北欧インテリア・雑貨を取り入れてオシャレにしよう!

長く寒い冬を暮らす北欧の人たちのお部屋づくりのコンセプトは、「居心地の良い部屋」です。

そのコンセプトを見習って、自分の大好きなものだけで作った、自分が心からくつろげるお部屋づくりを目指してみませんか?


北欧インテリア・雑貨の魅力    
北欧インテリアの魅力は、何といっても雑貨の可愛らしさです。

暖かみのある木を使ったシンプルな家具たちと、洗練されたカラフルな小物類、そしてユーモラスでおしゃれな雑貨たち。

これらを上手にコーディネートするだけで、あっという間に居心地の良い空間のできあがりです。
可愛らしさの中にもきらりとセンスの光る北欧インテリア雑貨は、ポップなデザインやカラフルや色をまとっていながらも、

決して子供っぽくなく、大人の遊び心を演出してくれる優れものです。
季節ごとに大きな家具や壁紙をかえなくても、印象をガラリと変えてくれるのも大きな魅力です。

自分らしいお部屋のアクセントとして、お気に入りの雑貨たちを集めるのも、お部屋づくりの楽しみです。

オシャレな部屋にするためのコツ    
自分の部屋をオシャレにコーディネートするには、シンプルでナチュラルな部屋づくりを心がけることが大切です。

長く厳しい冬に耐え、1日のほとんどを室内で過ごす北欧の人たちは、居心地の良い部屋づくりの名人です。

だからこそ北欧インテリアや雑貨は、木のぬくもり、優しい色合いやデザインのものが多いのです。
お部屋の壁や大きな家具などのベースカラーを、優しい色合いに統一するのもおすすめです。

お部屋全体の雰囲気が決まったら、今のあなたの好きな色や形の雑貨たちをアクセントにすれば、

どんなときでもあなたを元気にしてくれる、あなただけのお気に入りの空間を手に入れることが出来ます。

お部屋づくりにはゴールはありません。あなたと一緒に成長していくのです。

北欧インテリア・雑貨を取り入れるポイント    
一気に部屋の模様替えをする時間がないという人にもチャレンジしやすいのは、北欧インテリアや雑貨を少しずつ取り入れる方法です。
例えばソファーカバーやクッションカバーなどのファブリックを北欧デザインのものに変えるだけで、ぐっとおしゃれな印象になります。

壁に好きな雑貨や小物を飾ることができるウォールキャビネットなどのアイテムを取り入れ、

「魅せる収納」テクニックに挑戦してみるのも、簡単にお部屋の印象を変えることができておすすめです。

自分のお気に入りのコレクションや、可愛らしい北欧の雑貨たちを飾るだけで、目にも楽しいインテリアの完成です。

少しずつ自分の好きなものを集め、少しずつ居心地の良い部屋にしていく楽しみこそが、お部屋づくりの醍醐味なのかもしれません。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

定番になりつつある北欧のインテリアの特徴と魅力とは?

定番になりつつある北欧のインテリアの特徴と魅力とは?    

近年注目され始めている北欧インテリアですが、その特徴は白や温かみのある木材をベースにビビットカラーをふんだんに使ったようなデザインのものです。

そこにはメリハリがしっかりとありますので、はっきりしている分魅力があるのでしょう。


北欧インテリアとは    
そもそも北欧インテリアとはシンプルな空間に小物などが派手な色合いの可愛いものが多く、それが合わさった時に素敵な空間を作ることができるものです。

インテリア自体も、ビビットなカラーを単色で使っているものが多く、それを当たり前にように皆が選んでいます。

ですが部屋の中に様々なビビットカラーを施すというわけではなく、一つの部屋においても二色か三色のもの、そしてそれ以外はわりとシンプルなものでまとめています。

そして小物で派手なデザインのものを置くといった感じで部屋をコーディネートしています。
このようにメリハリがしっかりときいている部屋ですので、それがとても斬新でオシャレだということで人気が出てきています。

北欧インテリアの特徴と魅力    
北欧インテリアの魅力というのは、その派手さでしょうか。

シンプルな中にも派手さのあるインテリアが多いのでひときわ目を引く存在感のある物ばかりなのです。

ですので部屋のコーディネートを考えるのがとても楽しいのです。

こういったインテリアがあるお店は大型な場合が多いです。それはそれだけ種類が豊富だからです。

そんな豊富なデザインの中から自分だけの空間作りをするので一日そこにいても飽きない位ですし決まらない位の量があります。

小物やインテリアはシンプルな物から派手な物まであります。

ですが部屋を作る時にはどこかで派手さを、そしてどこかでシンプルさを入れなくてはいけないのでそのメリハリの作り方が難しかったりしますのでセンスが光る部分でしょう。

まとめ    
このように、北欧インテリアというのは何十通り、何百通りと考えられるのでその人の好みであったりセンスがもろに出てしまいますので、高度なセンスが必要になります。
お店によってはショールームのようなセットが沢山あって、それを参考にしながら選んでいけるという魅力もありますが、

それと全く同じにするのは無難ではありますがつまらないという事にもなります。

せっかくオシャレなインテリアが沢山あるのに、ショールームと同じだなんてセンスも何も関係なくなりますよね。

自分の家なのですから自分の好みでオシャレに作っていけるように一度に全てを揃えようと思わないで、少しずつ選んでいくと良いでしょう。

そうして自分好みの空間を作りましょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは?

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは?

モダン・ヨーロピアンなインテリアとは、ヨーロッパの現代的な高級ホテルの内装をイメージしたインテリアのことです。

ソファーやローテーブルなど多めに家具を配置し、強めのデザインでまとめるインテリアは難易度が比較的高め。

今回はインテリアの特徴と失敗しないコツなどをご紹介します。


モダン・ヨーロピアンとは    
モダン・ヨーロピアンとはヨーロッパの現代的な高級ホテルの内装をイメージして作られているインテリアのことをいいます。

高級感があり、ハイセンスを感じさせるお部屋の内装が魅力的で、近年人気が高まってきているインテリアのひとつです。
シンプルモダンに比べると、若干家具を多めに配置するために収納がやや多くなる特徴があり、また主張の多いデザインでまとめることが多いので作る側のセンスが問われる、

比較的難易度が高めのインテリアでもあります。

失敗するとゴテゴテとしてしまったり、奇抜なデザインで目が疲れてしまう、狭くなってしまったといった事態にもなりかねませんので、

あまり内装をまとめるのに自信がないといった場合は、インテリアのプロにお願いするという手段も有効です。

モダン・ヨーロピアンなインテリアの特徴    
モダン・ヨーロピアンなインテリアでは、シンプルモダンのインテリアに比べて家具を多めに配置することが多いです。

例えば、ソファーとローテーブルの組み合わせを置いたり、チェスト、ダイニングテーブルを置いたりするので、収納がしっかり確保できるという利点もあります。
またソファーのデザインに主張の強いものを用いることでも知られており、紫や派手な柄もの、

シンプルであってもこだわった素材のものを用いることが多いです。

合わせるクッションも指し色として強い色を用いるため、組み合わせのセンスが問われます。
木目調などの木のテイストがある家具はあまり好まれず、テーブルや椅子などの足の部分に使用されるにとどまります。

モダン・ヨーロピアンではナチュラルテイストはあまり好まれません。

まとめ    
モダン・ヨーロピアンは、現代的な高級感を表現できるインテリアです。

主張の強い柄や強い色彩を用いてデザインしていくため、インテリアを作る人のセンスが問われる難しいインテリアでもありますが、自分好みのハイセンスな空間を自宅で楽しむことができます。
モダン・ヨーロピアンのインテリアを作る場合は、多くのインテリアデザインを参考にし、

どのような色彩やデザインでお部屋を作って生きたいかしっかりイメージを固めてから取り掛かると、失敗が少ないでしょう。

家具が多く、主張の強いデザインで構成するために、失敗すると目にうるさいものになってしまいがちですが、

うまくインテリアを作ることができれば、自宅でヨーロッパのモダンな高級ホテルの雰囲気を味わうことができます。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

ヨーロピアンな部屋へ!インテリアのコーディネート術

ヨーロピアンな部屋へ!インテリアのコーディネート術    

女性らしい柔らかなフォルムが印象的なヨーロピアンスタイルのインテリアは、多くの女性が一度はあこがれるスタイルです。

今回はヨーロピアンスタイルの特徴と失敗しないインテリアのコーディネート術をご紹介していきます。


ヨーロピアンな部屋の特徴    
ヨーロピアンなインテリアコーディネートは、柔らかな曲線や優美な装飾、ペールカラーや金銀、クリスタルといった華やかな素材や色で構成されています。

古くはヨーロッパの王侯貴族の使用していたインテリアで、当時は装飾や素材にこだわって作られた高級な家具が使用されていました。

主に花や植物をモチーフとして装飾されることが多く、全体的に女性的な印象を与えるインテリアです。
現代でもヨーロピアンテイストのクラシック家具はそこそこお値段はしますが、お部屋に置いたときの華やかさや高級感は右に出るものがないくらいです。

家具やファブリック類に統一感を持たせてコーディネートすることで、自宅にいながらクラッシックなヨーロッパ貴族の邸宅の雰囲気を味わうことができます。

ヨーロピアンな部屋に欠かせないインテリアとは    
ヨーロピアンなインテリアコーディネートに欠かせないものとして、曲線が美しい装飾的な家具類があげられます。

テーブルや椅子の足が猫のようにしなった曲線になっている猫足テーブルや、縁取りが美しい花や植物で彩られた家具。

これらをお部屋に配置するだけで、一気に女性らしい華やかな雰囲気を出すことができます。
またヨーロピアンな家具にマッチするファブリックの柄とカラーは、バラなどクラシックな花をモチーフとした柄や、ペールカラーなど彩度の低いやわらかいカラーです。

そこに金色をプラスすることでより豪華な雰囲気に仕上げることができます。

また、クリスタルでできた照明や、照明のふちが美しく波打っているものを使うと、より上品で豪華な空間を演出することができるでしょう。

ヨーロピアンな部屋へのインテリアのコーディネート術    
お部屋をヨーロピアンな雰囲気にするインテリアコーディネートに必要なのは統一感です。

曲線や装飾のある華やかな家具を中心にすえたら、あとはこの家具に合う照明やファブリック類を整えていくと失敗が少なくなります。

また、家具が高級感のあるものなので、あまり安そうに見える素材などは避けたほうがいいでしょう。
カラーはうすく明るい色を基調とし、花柄や植物柄など上品な美しさのあるものを選ぶとより統一感が生まれ、お部屋が華やかになります。

家具の色を統一するのもポイントで、部屋全体をひとつの絵として完成させ、高級感を高めてくれます。

またソファーの素材もやわらかいものにすることで女性らしい優美な印象をひきたたせることができるでしょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

ヨーロピアンインテリアの特徴と魅力!

ヨーロピアンインテリアの特徴と魅力!

ヨーロッパのインテリアの魅力と言えばアンティークテイストであったり白を基調としたとても可愛らしいものが特徴としてあります。

甘い雰囲気や、女性というよりは女の子という雰囲気を作り出すのが得意なものが多いのが魅力です。


ヨーロピアンとは    
ヨーロピアンというのは、ヨーロッパの特徴的なインテリアの総称です。

ヨーロッパの昔ながらの白を基調とした可愛らしい、また壮大なスケールのもので細部にまでこだわっているような物が多く、現代でもアンティーク調のインテリアが人気です。

白とゴールド、黒とゴールドなどゴールドをインテリアにもふんだんに使用していますので、ゴージャスな空間を作っています。

歴史のある建造物には必ずと言っていいほどゴールドがいたる所に建造物にもほどこしてありますし、インテリアにはゴールドだけのものもあったりする位使われています。
世界最先端のオシャレな土地なのでそれだけセンスが光るものばかりです。町自体がセンスのかたまりの場所です。

ヨーロピアンインテリアの特徴と魅力    
ヨーロピアンなインテリアの魅力は、昔からあるものなのに未だに魅力があるという事です。

昔も今も建造物であったりインテリアのセンスは同じものです。

それでも今の人達からも魅力のあるものとして高い評価を受けています。
日本の場合は、昔と今では作り方も違いますしオシャレの傾向も違います。

昔と今では建物の見え方も中身もインテリアも全くと言っていいほど違います。

アメリカやヨーロッパなどのセンスを取り入れています。それだけ世界中が注目するだけのセンスが昔からあるのです。

これは凄い魅力です。

アンティーク調というのが特徴ですが、それ以外にもロココ調など昔ながらの技法も取り入れられるようになりました。

昔の人だからこそ手作りで頑張ってきた人達の作り上げたセンスは素晴らしいものがあるのです。

まとめ    
このように、ヨーロピアンのインテリアは、猫足であったり丸みをおびた形の物が多くて可愛らしい女性の体のようなしなやかさを演出しているものが多くあります。

それは昔も今もあまり変わりはありません。それだけ昔の人のセンスが良かったということです。
昔ながらの建造物やインテリアをそのまま今に使っていても違和感のないほどのセンスを持っている人達が生活している場所ですから、オシャレでないわけがありません。

日本の女性からすると可愛らしいヨーロピアンのインテリアに憧れる人は多いでしょう。

ですが本格的なアンティークのインテリアはとても高価なので、それに似たようなものを日本では取り入れてそれがとても人気なのです。

これからもこの傾向は続くでしょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

ヴィンテージインテリアを使ったアメリカンスタイルの部屋の作り方!

アメリカンスタイルのインテリア、といってもカントリーからモダンまで、さまざまなスタイルがあります。

しかしヴィンテージものを使ってインテリアを組み立てるとなると、現代と近い雰囲気も漂います。

当時のヴィンテージものだけでなく、現代のテイストの近い家具を使って、部屋をデザインすることも可能になります。


ヴィンテージインテリアの魅力    
ヴィンテージ物を使ったアメリカンインテリアというと、ミッドセンチュリーというスタイルが、これに相当します。

1940年代から1960年代の、アメリカを中心とした、工業デザイン(インダストリアルデザイン)に基づき生産された家具を使った、

「古き良きアメリカ」を思い浮かべることのできるスタイルです。
ミッドセンチュリーインテリア、あるいはヴィンテージインテリアの魅力は、まだまだ状態の良い当時の家具が、比較的手ごろな値段で手に入ること、

そのため、当時の雰囲気を比較的容易に再現することができることです。

この点、さらに古い時代の家具、すなわちアンティークを使ったインテリアだと、それぞれの時代の特徴に従った約束事があったり、

家具自体も高価で、しかも古い時代に作られた相応の痛みがあったりして、適切なメンテナンスが必要になるなど、いくぶん敷居が高くなります。

アメリカンスタイルの部屋の特徴    
アメリカンヴィンテージインテリア(あるいはミッドセンチュリーインテリア)の特徴は、成形合板などを利用した、軽快なデザインが特徴です。

木材以外のプラスチックのような新しい材料も、積極的に使われました。

シンプル合理的、どことなく懐かしさを感じさせるレトロな雰囲気と現代にもどことなく通じるモダンな感覚が同居しています。
このようなインテリアの文化が当時のアメリカに発展したのは、優秀な才能を持つデザイナーと、そのようにして生まれた家具を受け入れることのできる、多数の消費者の存在がありました。

第二次世界大戦前にドイツを中心に盛んであった新しいデザイン運動は、優秀なデザイナー達が亡命したおかげで中心がアメリカに移り、

しかもそのアメリカには、戦場から戻って新しい家庭を築こうとしていた元兵士とそのパートナー達、といった購買意欲が旺盛な消費者層が存在していたのです。

アメリカンスタイルの部屋の作り方    

アメリカンヴィンテージインテリアの部屋を作るためには、当時の家具をいくつか手に入れて、それを中心とした部屋作りをするべきでしょう。

アンティークものに比べて比較的手ごろ、とはいっても、すべてを当時のオリジナル家具で揃えることは難しいので、メインになる家具を中心に、

後は当時のレプリカ(「名作」と呼ばれる作品は現代でも作り続けられています)や現代のものをバランス良く配置して、昔のアメリカのホームドラマに出てくるようなスタイルを作り出すのです。

家具の色は、ダークブラウンのものが多くなります。そのため、部屋の色合いはそれに良く合うテイストにしましょう。

またアクセントとして是非とも取り入れたいのは、当時の雑貨です。

当時のヴィンテージものや、現代も引き続き使われている当時の小物のレプリカを探し出してきて、アメリカンヴィンテージらしくインテリアをまとめましょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

オールドとアメリカンインテリアの特徴

オールドインテリアの魅力    
オールドアメリカンインテリアは、作られた年代に関係なく時代の経過を感じさせるアメリカン家具です。

使い込まれたオールドインテリアの魅力は、経年美と優雅さです。
経年美は、インテリアの素材でも変わります。

たとえば、木の素材でできた家具では、小さな傷や塗装の剥がれ、鉄材だと錆びたり、革の素材だとシワや色が変化したりとさまざま。

しかし経年美こそが大切に使われ続けた年月を物語っています。ときにその年月は、人の手に馴染みやすいように柔らかくなったり、使いやすくなったりすることも。
優雅さは、年月がもたらした貫禄です。オールドインテリアが一つあれば、落ち着きと余裕が感じられるお部屋が作れます。

大人のアメリカンスタイルを楽しみたい方にオールドアメリカンインテリアはおすすめです。

アメリカンインテリアの魅力    
オールドアメリカンインテリアの魅力は、経年美が美しい木材とシンプルで飽きの来ないデザインとノスタルジックなインディゴカラーです。

経年美が美しい木材には、パイン材やチェリー材、オーク材が使用されています。

木の温もりが感じられる仕上げのオイルステイン塗装がおすすめです。
シンプルで飽きの来ないデザインは、長い月日を共にいつまでも過ごせます。

素朴で温かみあるデザインのインテリアも多く、ロッキングチェアやカップボードにも特色がよく出ています。
ノスタルジックなインディゴカラーは、濃い藍色のデニムを染めた色です。

この色は、デニム同様愛用すればするほど色あせていきます。同時に、生地は柔らかくなり風味のある色合いを見せてくれます。

まとめ    
オールドアメリカンインテリアは、古き良き時代と現代の折衷の役割を果たしてくるインテリアです。

それはオールドアメリカンインテリアがシンプルで素朴なデザインため、現代のインテリアとも調和するからです。
また、オールドアメリカンインテリアの家具は落ち着いた色合いのものが多いため、好きな色との組み合わせが楽しめます。

たとえば、白を基調とした部屋にオールドアメリカン家具をおけば、ナチュラルシックなお部屋に。

黒を基調としたお部屋におけば、クールな大人の空間の中に木の温かみをプラスできます。

明るい色の中にオールドアメリカン家具が1つあれば、大人の余裕と子供の無邪気な遊び心がバランスよく融合された空間となるでしょう。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

<<back|<123>|next>>
pagetop