February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ヨーロピアンな部屋へ!インテリアのコーディネート術

ヨーロピアンな部屋へ!インテリアのコーディネート術    

女性らしい柔らかなフォルムが印象的なヨーロピアンスタイルのインテリアは、多くの女性が一度はあこがれるスタイルです。

今回はヨーロピアンスタイルの特徴と失敗しないインテリアのコーディネート術をご紹介していきます。


ヨーロピアンな部屋の特徴    
ヨーロピアンなインテリアコーディネートは、柔らかな曲線や優美な装飾、ペールカラーや金銀、クリスタルといった華やかな素材や色で構成されています。

古くはヨーロッパの王侯貴族の使用していたインテリアで、当時は装飾や素材にこだわって作られた高級な家具が使用されていました。

主に花や植物をモチーフとして装飾されることが多く、全体的に女性的な印象を与えるインテリアです。
現代でもヨーロピアンテイストのクラシック家具はそこそこお値段はしますが、お部屋に置いたときの華やかさや高級感は右に出るものがないくらいです。

家具やファブリック類に統一感を持たせてコーディネートすることで、自宅にいながらクラッシックなヨーロッパ貴族の邸宅の雰囲気を味わうことができます。

ヨーロピアンな部屋に欠かせないインテリアとは    
ヨーロピアンなインテリアコーディネートに欠かせないものとして、曲線が美しい装飾的な家具類があげられます。

テーブルや椅子の足が猫のようにしなった曲線になっている猫足テーブルや、縁取りが美しい花や植物で彩られた家具。

これらをお部屋に配置するだけで、一気に女性らしい華やかな雰囲気を出すことができます。
またヨーロピアンな家具にマッチするファブリックの柄とカラーは、バラなどクラシックな花をモチーフとした柄や、ペールカラーなど彩度の低いやわらかいカラーです。

そこに金色をプラスすることでより豪華な雰囲気に仕上げることができます。

また、クリスタルでできた照明や、照明のふちが美しく波打っているものを使うと、より上品で豪華な空間を演出することができるでしょう。

ヨーロピアンな部屋へのインテリアのコーディネート術    
お部屋をヨーロピアンな雰囲気にするインテリアコーディネートに必要なのは統一感です。

曲線や装飾のある華やかな家具を中心にすえたら、あとはこの家具に合う照明やファブリック類を整えていくと失敗が少なくなります。

また、家具が高級感のあるものなので、あまり安そうに見える素材などは避けたほうがいいでしょう。
カラーはうすく明るい色を基調とし、花柄や植物柄など上品な美しさのあるものを選ぶとより統一感が生まれ、お部屋が華やかになります。

家具の色を統一するのもポイントで、部屋全体をひとつの絵として完成させ、高級感を高めてくれます。

またソファーの素材もやわらかいものにすることで女性らしい優美な印象をひきたたせることができるでしょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

ヨーロピアンインテリアの特徴と魅力!

ヨーロピアンインテリアの特徴と魅力!

ヨーロッパのインテリアの魅力と言えばアンティークテイストであったり白を基調としたとても可愛らしいものが特徴としてあります。

甘い雰囲気や、女性というよりは女の子という雰囲気を作り出すのが得意なものが多いのが魅力です。


ヨーロピアンとは    
ヨーロピアンというのは、ヨーロッパの特徴的なインテリアの総称です。

ヨーロッパの昔ながらの白を基調とした可愛らしい、また壮大なスケールのもので細部にまでこだわっているような物が多く、現代でもアンティーク調のインテリアが人気です。

白とゴールド、黒とゴールドなどゴールドをインテリアにもふんだんに使用していますので、ゴージャスな空間を作っています。

歴史のある建造物には必ずと言っていいほどゴールドがいたる所に建造物にもほどこしてありますし、インテリアにはゴールドだけのものもあったりする位使われています。
世界最先端のオシャレな土地なのでそれだけセンスが光るものばかりです。町自体がセンスのかたまりの場所です。

ヨーロピアンインテリアの特徴と魅力    
ヨーロピアンなインテリアの魅力は、昔からあるものなのに未だに魅力があるという事です。

昔も今も建造物であったりインテリアのセンスは同じものです。

それでも今の人達からも魅力のあるものとして高い評価を受けています。
日本の場合は、昔と今では作り方も違いますしオシャレの傾向も違います。

昔と今では建物の見え方も中身もインテリアも全くと言っていいほど違います。

アメリカやヨーロッパなどのセンスを取り入れています。それだけ世界中が注目するだけのセンスが昔からあるのです。

これは凄い魅力です。

アンティーク調というのが特徴ですが、それ以外にもロココ調など昔ながらの技法も取り入れられるようになりました。

昔の人だからこそ手作りで頑張ってきた人達の作り上げたセンスは素晴らしいものがあるのです。

まとめ    
このように、ヨーロピアンのインテリアは、猫足であったり丸みをおびた形の物が多くて可愛らしい女性の体のようなしなやかさを演出しているものが多くあります。

それは昔も今もあまり変わりはありません。それだけ昔の人のセンスが良かったということです。
昔ながらの建造物やインテリアをそのまま今に使っていても違和感のないほどのセンスを持っている人達が生活している場所ですから、オシャレでないわけがありません。

日本の女性からすると可愛らしいヨーロピアンのインテリアに憧れる人は多いでしょう。

ですが本格的なアンティークのインテリアはとても高価なので、それに似たようなものを日本では取り入れてそれがとても人気なのです。

これからもこの傾向は続くでしょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

ヴィンテージインテリアを使ったアメリカンスタイルの部屋の作り方!

アメリカンスタイルのインテリア、といってもカントリーからモダンまで、さまざまなスタイルがあります。

しかしヴィンテージものを使ってインテリアを組み立てるとなると、現代と近い雰囲気も漂います。

当時のヴィンテージものだけでなく、現代のテイストの近い家具を使って、部屋をデザインすることも可能になります。


ヴィンテージインテリアの魅力    
ヴィンテージ物を使ったアメリカンインテリアというと、ミッドセンチュリーというスタイルが、これに相当します。

1940年代から1960年代の、アメリカを中心とした、工業デザイン(インダストリアルデザイン)に基づき生産された家具を使った、

「古き良きアメリカ」を思い浮かべることのできるスタイルです。
ミッドセンチュリーインテリア、あるいはヴィンテージインテリアの魅力は、まだまだ状態の良い当時の家具が、比較的手ごろな値段で手に入ること、

そのため、当時の雰囲気を比較的容易に再現することができることです。

この点、さらに古い時代の家具、すなわちアンティークを使ったインテリアだと、それぞれの時代の特徴に従った約束事があったり、

家具自体も高価で、しかも古い時代に作られた相応の痛みがあったりして、適切なメンテナンスが必要になるなど、いくぶん敷居が高くなります。

アメリカンスタイルの部屋の特徴    
アメリカンヴィンテージインテリア(あるいはミッドセンチュリーインテリア)の特徴は、成形合板などを利用した、軽快なデザインが特徴です。

木材以外のプラスチックのような新しい材料も、積極的に使われました。

シンプル合理的、どことなく懐かしさを感じさせるレトロな雰囲気と現代にもどことなく通じるモダンな感覚が同居しています。
このようなインテリアの文化が当時のアメリカに発展したのは、優秀な才能を持つデザイナーと、そのようにして生まれた家具を受け入れることのできる、多数の消費者の存在がありました。

第二次世界大戦前にドイツを中心に盛んであった新しいデザイン運動は、優秀なデザイナー達が亡命したおかげで中心がアメリカに移り、

しかもそのアメリカには、戦場から戻って新しい家庭を築こうとしていた元兵士とそのパートナー達、といった購買意欲が旺盛な消費者層が存在していたのです。

アメリカンスタイルの部屋の作り方    

アメリカンヴィンテージインテリアの部屋を作るためには、当時の家具をいくつか手に入れて、それを中心とした部屋作りをするべきでしょう。

アンティークものに比べて比較的手ごろ、とはいっても、すべてを当時のオリジナル家具で揃えることは難しいので、メインになる家具を中心に、

後は当時のレプリカ(「名作」と呼ばれる作品は現代でも作り続けられています)や現代のものをバランス良く配置して、昔のアメリカのホームドラマに出てくるようなスタイルを作り出すのです。

家具の色は、ダークブラウンのものが多くなります。そのため、部屋の色合いはそれに良く合うテイストにしましょう。

またアクセントとして是非とも取り入れたいのは、当時の雑貨です。

当時のヴィンテージものや、現代も引き続き使われている当時の小物のレプリカを探し出してきて、アメリカンヴィンテージらしくインテリアをまとめましょう。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

オールドとアメリカンインテリアの特徴

オールドインテリアの魅力    
オールドアメリカンインテリアは、作られた年代に関係なく時代の経過を感じさせるアメリカン家具です。

使い込まれたオールドインテリアの魅力は、経年美と優雅さです。
経年美は、インテリアの素材でも変わります。

たとえば、木の素材でできた家具では、小さな傷や塗装の剥がれ、鉄材だと錆びたり、革の素材だとシワや色が変化したりとさまざま。

しかし経年美こそが大切に使われ続けた年月を物語っています。ときにその年月は、人の手に馴染みやすいように柔らかくなったり、使いやすくなったりすることも。
優雅さは、年月がもたらした貫禄です。オールドインテリアが一つあれば、落ち着きと余裕が感じられるお部屋が作れます。

大人のアメリカンスタイルを楽しみたい方にオールドアメリカンインテリアはおすすめです。

アメリカンインテリアの魅力    
オールドアメリカンインテリアの魅力は、経年美が美しい木材とシンプルで飽きの来ないデザインとノスタルジックなインディゴカラーです。

経年美が美しい木材には、パイン材やチェリー材、オーク材が使用されています。

木の温もりが感じられる仕上げのオイルステイン塗装がおすすめです。
シンプルで飽きの来ないデザインは、長い月日を共にいつまでも過ごせます。

素朴で温かみあるデザインのインテリアも多く、ロッキングチェアやカップボードにも特色がよく出ています。
ノスタルジックなインディゴカラーは、濃い藍色のデニムを染めた色です。

この色は、デニム同様愛用すればするほど色あせていきます。同時に、生地は柔らかくなり風味のある色合いを見せてくれます。

まとめ    
オールドアメリカンインテリアは、古き良き時代と現代の折衷の役割を果たしてくるインテリアです。

それはオールドアメリカンインテリアがシンプルで素朴なデザインため、現代のインテリアとも調和するからです。
また、オールドアメリカンインテリアの家具は落ち着いた色合いのものが多いため、好きな色との組み合わせが楽しめます。

たとえば、白を基調とした部屋にオールドアメリカン家具をおけば、ナチュラルシックなお部屋に。

黒を基調としたお部屋におけば、クールな大人の空間の中に木の温かみをプラスできます。

明るい色の中にオールドアメリカン家具が1つあれば、大人の余裕と子供の無邪気な遊び心がバランスよく融合された空間となるでしょう。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

ネイティヴアメリカンインテリアの魅力とは?

ネイルやアクセサリーなどのファッションアイテムとしても人気の高いネイティブアメリカン柄。

これらの織物や小物を上手に利用するだけで、手軽で簡単にお部屋を個性的にすることができます。

普通のアメリカンスタイルのインテリアでは物足りない、そんな人のためにネイティヴアメリカンインテリアの魅力をご紹介します。


ネイティヴアメリカンインテリアとは    
かつてインディアンと呼ばれたアメリカの先住民族であるネイティブアメリカンの間で代々受け継がれてきた素朴で自然なインテリアをネイティヴアメリカンインテリアと呼びます。

ネイティブという言葉には「その土地の自然のままのもの」という意味があり、海や大地などの自然を表現した温かみのある雰囲気が魅力です。
特に織物には各部族に代々伝わる柄があり、オルテガ族の「オルテガ柄」やナホバ族の「ナホバ柄」などが有名です。

他にもビーズやターコイズが印象的なネイティブアメリカン風のアクセサリーやウォールステッカー、トーテムポールなどの小物のほか、

観葉植物としてのサボテンもネイティヴアメリカンインテリアに人気の定番アイテムと言えるでしょう。

ネイティヴアメリカンインテリアの魅力    
ネイティブ柄のアイテムはインパクトが強いので、部屋のインテリアのベースがシンプルなものであっても数点のネイティブ柄のアイテムを置くだけで仕上げられるところがネイティヴアメリカンインテリアの魅力です。

簡単に取り入れやすく、模様替えもしやすいのは助かりますよね。

さらに優しい色合いのものからポップなレインボー柄までデザインのバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。
またネイティブアメリカン風の織物や小物は自然を感じさせてくれるデザインなので、部屋の中が穏やかな雰囲気に包まれてリラックスして過ごすことができるでしょう。

メキシコなどのリゾート感を演出することもできますので、休日にのんびりと過ごしたい人には特におすすめのインテリアです。

オシャレな個性的な部屋にしたい方におすすめ    
ブルックリン風や西海岸風などアメリカンスタイルのインテリアは多くありますが、

そこにネイティブアメリカン風の織物や小物をワンポイントとして取り入れるだけで違和感のない個性的な部屋に様変わりします。

ネイティブ風の柄は一見正反対のようにも思えるデザインとの親和性も高く、色を合わせるだけで統一感を表現できます。
また小型のインディアンハウスを利用して愛犬のマイルームをつくったり、

ランチョンマットなどを利用して部屋全体ではなくキッチンや玄関など、一部分だけをネイティブアメリカン風にするのもおしゃれですよね。

ネイティブ風のアイテムはたくさんあるので、それらを使って自分だけのオリジナルな部屋をデザインしてみてはいかがでしょうか。

橋本圭悟
 

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンスタイルインテリアの魅力!

アメリカンスタイルインテリアの魅力!

家をリフォームしたい!でも、どんなインテリアにして良いのかわからない。

そんなお悩みを抱えている人は、アメリカンスタイルインテリアに挑戦してみませんか?

ここでは、最近流行りの北欧インテリアとはまた違う、クールでオシャレなアメリカンスタイルの魅力を紹介します。


アメリカンスタイルの特徴    
一言でアメリカンスタイルインテリアと言っても、「カントリー風」、「ヴィンテージ風」、「アメカジ風」など様々な種類があります。

しかし、そのどれもにどこか懐かしいレトロな雰囲気が感じられるのがこのインテリアスタイルの特徴なのです。
カントリー風は、その名の通りアメリカの田舎町を連想させる木のぬくもりが感じられるインテリアです。

初心者の人でもとっつきやすいのがポイントです。

ヴィンテージ風は一昔前のアメリカ社会をイメージした内装で、一番レトロな雰囲気が感じられます。

アメカジ風は、ヴィンテージ風のレトロな雰囲気も残しながらも、より現代の若者の部屋に近いカラフルな内装が特徴です。

ヴィンテージが大人の男性向きなら、アメカジは若い女性向けのインテリアと呼べるでしょう。

アメリカンスタイルインテリアの魅力    
アメリカンスタイルインテリアの魅力は、他のインテリアスタイルに比べても多様性があるというところです。
先ほども紹介したように、アメリカンスタイルにはカントリーやヴィンテージなど様々なデザインが含まれています。

この他にも、アメリカ風は少し派手すぎると感じる人には西海岸風の落ち着いたデザインを勧められるなど、幅広い年代、趣味の人にマッチするスタイルなのです。
また、レトロでオシャレなグッズが部屋にマッチするのも魅力の一つです。

雑貨屋さんなどでかわいいレトログッズが置いてあっても、自分の部屋には合わないとあきらめた経験がある人はいるでしょう。

しかし、アメリカンスタイルの部屋なら、たとえアメリカに関係のないグッズでも部屋に置くだけでオシャレなインテリアに変わってしまうのです。

グッズ集めが好きな人には、まさにもってこいのインテリアだと言えます。

まとめ    
このように、アメリカンスタイルインテリアには様々なコーディネートの楽しみ方があることがわかります。

カントリー、ヴィンテージ、アメカジ、西海岸風など、それぞれの好みに合わせた選択肢が多様に揃っています。
リフォーム初心者だという人には、落ち着いた空間で自由にコーディネートが楽しめるカントリー風や西海岸風の内装がオススメです。

また、家全体を一つのスタイルにまとめるのではなく、部屋ごとにコンセプトの違うインテリアにするのも一つのアメリカンスタイルの楽しみ方です。
これを見て少し興味を持ったという人は、ぜひ自分好みのアメリカンスタイルインテリアを探してみてください。

レトロやカラフルだけではない、広大なアメリカ各地のデザインの中には、きっと日々の生活を楽しくしてくれるインテリアがあるはずです。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンカントリーインテリアの特徴と魅力

アメリカンカントリーインテリアの特徴と魅力

素朴で温かみのある雰囲気が人気のアメリカンカントリーインテリア。テレビシリーズの「大草原の小さな家」に憧れて、やってみたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はそんな人のきっかけになるようなアメリカンカントリーインテリアの魅力についてご紹介します。


アメリカンカントリーとは    
アメリカンカントリーインテリアとは、19世紀アメリカのイギリス植民地時代や西部開拓時代の頃を思わせるインテリアのことです。

優しい色遣いのパッチワークキルトやホーローなどの小物を利用し、ブルックリン風や西海岸風など都会風のアメリカンスタイルのインテリアとは違う都会でも観光地でもない

アメリカの普通の人々の素朴さや堅実さをうかがわせるところが魅力です。
また当時のアメリカではパイン材を利用して家や家具をつくっていたことから、家具に自然を感じさせるパイン材の素材を利用するとアメリカンカントリーの雰囲気を演出できます。

「大草原の小さな家」のような、家族が集い憩う場としての家の心地良さを感じることができるのがこのインテリアの特徴です。

アメリカンカントリーインテリアの特徴と魅力    
アメリカンカントリーインテリアの魅力はなんといっても家具や雑貨を簡単に集めることができることです。

そのためコツをいくつか知っていれば、誰でも簡単にお部屋をアメリカンカントリー風にすることができます。
パイン材の重厚感のある家具をはじめ、手作りのパッチワークキルトや藤で編んだ籠などの素朴で実用的なアイテムを利用すると、

アメリカンカントリーらしい毎日の生活を大切にした温かさを演出することができます。

またアクセントに鉄製のライトや時計といったアンティークな小物も効果的です。

特にパイン材のカップボードは映画やドラマでも必ず登場するアメリカンカントリーインテリアの定番アイテムです。

お気に入りの食器を並べることで、さらに楽しさが広がりますね。

まとめ    
アメリカンカントリーインテリアの家具や雑貨は落ち着いた色合いと装飾の少ないシンプルなデザインが多いため、部屋に馴染みやすいのも重要なポイントです。

人の手のぬくもりを感じさせる手作り感も、素朴で穏やかな雰囲気をより演出します。
厳しい自然の環境の中で共に助け合う「家族の絆」をテーマとしたインテリアであるアメリカンカントリーインテリアは、

家族のいる人はもちろんのこと、毎日仕事に追われている人も安らぎを感じることができるのでおすすめです。

特に家族の集まる場所であるダイニングルームや最もリラックスした時間を過ごせる寝室をアメリカンカントリー風にすることで、

充実した休日やアフターファイブを過ごすことができるのではないでしょうか。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンポップなインテリアの特徴魅力について

アメリカンポップなインテリアの特徴魅力について

カラフルでキュート、そして人目を引き付けるようなインパクトがある、アメリカンポップとはそんなインテリアです。

誰でも気軽にチャレンジでき、男性でも女性でも楽しめる、お洒落でポップなインテリアで部屋を明るく彩ってみてはどうでしょうか。


アメリカンポップとは    
アメリカンポップは、元々1960年代のアメリカで商業デザインとして発達したアートの技法です。

有名人の写真を元にしたポスターや、コミックテイストなイラストなど、今では身近になったこのデザインも当初は反芸術的な要素が強い前衛的なものでした。
アメリカンポップなアートでは、日用品や雑貨を使った作品も多く見られ、中でもスープの缶詰を描いたイラストは有名なものです。

部屋のインテリアとしてアメリカンポップを用いることは、こうしたアヴァンギャルドなアートの日常への逆輸入と言っても良いでしょう。
カラフルなサインボードやポスター、玩具などの個性あふれるオブジェを飾るだけで、部屋の中は驚くほど生き生きとした雰囲気に仕上がります。

アメリカンポップなインテリアの特徴と魅力    
アメリカンポップのインテリアは、元は広告や実用品としてデザインされているため、どれもがきらびやかな感性を持っています。

また、それぞれのアイテムの個性はばらばらでも、バランスや配置などを考えながらコーディネートしていくと、全体として自然な統一感が生まれてきます。

好きなものをコレクションすることから気軽に始められ、バリエーションの幅も広げやすいのがこのインテリアの特徴でしょう。
ドリンク類やお菓子の缶、往年のキャラクターグッズは定番のアイテムです。そこからチェアやテーブル、ソファーなどと発展させていけば、

友達を招いても楽しいカフェやバーのようなファンシーな空間を生み出すことができます。

マグカップや時計などは、それ自体が機能性を持っているので、部屋をデザインする際にも比較的リーズナブルに済ませられます。

まとめ    
アメリカンポップは、こうした肩肘張らないフレンドリーさが大きな魅力になっています。

さらに、自分の過ごした年代にとって馴染みのあるアイテムを揃えれば、どこか懐かしさも生まれてきます。
部屋の模様替えをする時も楽々です。コーディネートのほとんどは細々としたアイテムからなっているので、気分に応じて差し替えることも可能です。

また、コレクションが一つ増えるたびに達成感が感じられるため、部屋をデザインしていく過程そのものを楽しむことができます。
商業デザインを使っているのにどこか家庭的で温かみが感じられるのが、アメリカンポップなインテリアの良さでしょう。

大好きなコミックや映画のキャラクターなどを置いておけば、そこから友人との話題も弾んでいきます。 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンダイナーインテリアとは?

アメリカンダイナーインテリアとは?

第二次世界大戦後にアメリカが最も繁栄していた1950年代から1960年代を象徴するインテリアの様式が、

アメリカンダイナースタイルです。その様式は当時への郷愁に満ちており、その時代を知らない人によっては可愛いともマニアックとも感じさせられます。


アメリカンダイナーとは    
アメリカンダイナーとは、アメリカの食堂のことです。

それも、現在の食堂ではなくて、むしろ1950年代から1960年代までの「古き良きアメリカ」の象徴として、インテリアの世界には登場します。

ダイナーの多くはプレハブ式で、ハンバーガーやアメリカンクラブハウスサンドなど、当時の一般的なアメリカの庶民の料理を提供していました。

映画ファンなら、当時の雰囲気を感じさせる名作のいくつかを、思い出してしまうかもしれません。
このような昔の雰囲気を保ったアメリカンダイナーの多くは、1970年代以降になるとファストフードチェーンに駆逐されてしまう運命をたどるのですが、

ごく庶民的なレストランとしてのダイナーは、まだまだアメリカの各地に健在です。

アメリカンダイナーインテリアの特徴    
アメリカンダイナーインテリアの特徴は、この1950年代から1960年代のアメリカのダイナーにインスピレーションを得たもので、当時の雰囲気と似た小物を配置して、

「古き良き時代」のアメリカの雰囲気を再現しようと試みたインテリアの様式、と定義することができます。

「レトロ」とか「ヴィンテージ」という言葉がぴったりくる様式であると、いえるでしょう。
それらの言葉からわかるように、アメリカンダイナースタイルのインテリアには、当時製造されたヴィンテージあるいはそのイミテーション、

あるいは当時の製法に従って現在でも作り続けられているレトロな雑貨達が小道具として欠かすことができません。

必然的にそのインテリアは、古く趣きのある可愛い雑貨のおもちゃ箱のような、楽しい様相を呈することになります。

まとめ    
アメリカンダイナーインテリアとは、アメリカの伝統的な庶民向けの食堂のインテリアに発想を得たインテリアの様式で、

1950年代から1960年代のアメリカへの懐古と憧れに満ちたスタイルであると、言うことができます。
この様式のインテリアには、当時の雰囲気を持つ什器(店舗において日常使用する家具や道具類全般)や小物類が不可欠で、

当時のダイナーで実際に使われていた厚ぼったいガラス製の食器類などのヴィンテージの雑貨には熱心なコレクターもいるほどです。
アメリカンダイナースタイルは、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しいインテリアの様式ですが、

ごちゃごちゃとし過ぎて狭い部屋には向いていないかもしれません。

しかしそんな場合でも、当時の雰囲気を持つ雑貨のコレクションを厳選して飾るコーナーを作るなどして、部屋のアクセントとして取り入れることは十分可能です。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンな部屋へ様変わりできるインテリアの使い方のコツ

アメリカンな部屋へ様変わりできるインテリアの使い方のコツ

アメリカンな雰囲気というのは、ニューヨークスタイルであったりテキサスな感じであったりマンハッタンスタイルであったりとそれぞれにテイストが異なってきます。

ですが常に最先端のセンスを持つアメリカの雰囲気の紹介をしましょう。


アメリカンな部屋の特徴    
アメリカンなインテリアをうまく使ったオシャレな空間の部屋を作るとしたら、気にする事は大きな印象の強い家具をおいて、あとは小物を沢山使うのが良いでしょう。
例えばリビングなども、アメリカンな場合はわりと物が沢山置いてあるイメージが強いです。

ですがそれがぐちゃぐちゃというような感じに見せないのがオシャレです。

照明も大きな照明を一つと、あとは壁際などにランプスタンドなどで温かい雰囲気の明かりで包んでいます。

日本のように蛍光灯のある部屋というよりは、暖色系の明かりを主に使っています。

わりと夜は薄暗いくらいの雰囲気でリラックスしていられるという感じの部屋を演出しています。

大きな存在感のあるソファーに、テレビの周りには大きなテレビ台があり、本や小物で沢山飾られています。

アメリカンに欠かせないインテリアとは    
アメリカンに欠かせない部屋のインテリアは、先ほども述べたように暖色系の照明です。

それにアメリカは日本とは違って家の中も靴の習慣があるのでベッドは欠かせないでしょう。

布団にしているというこだわりの家があるとするならば、そういう家は家の中は靴ははかないでしょう。

それだけベッドというのは必需品です。床に直に置くものといえば汚れてもいいものです。

寝るための物は床には置かないでしょう。ベッドの上にはクッションが沢山あります。これもアメリカンな印象です。

色々なオシャレなロゴの入ったデザインの大きなクッションを沢山並べてふかふかの枕の上で寝るのがアメリカンスタイルでしょう。

壁に貼るポスターなども主流でしょう。
アメリカンな部屋作りのコツ 
アメリカンな部屋を作るには、女の子の部屋の場合はその子の好みにももちろんよりますが大きめなベッドを真ん中なり端に置いて、
そのベッドの上で大体を過ごすので、その周りにはその子がいつも使っているような物を置くためのベッドくらいの高さの棚を置いている子が多いです。そこで部屋にいる間は過ごします。
男の子の部屋の場合は屋根裏なスタイルの部屋が多いです。
シンプルな家具な分、音楽系や好きなアーティストのポスターなどをベッドに寝そべった時上に見える場所に貼ったり普通に壁に貼ったりと沢山貼っているイメージが強いです。
インテリアとしては、ベッドと机くらいのシンプルなものでしょう。
女の子の場合はそれに化粧台位がある程度でわりとシンプルです。
橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

<<back|<123>|next>>
pagetop