May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

北欧風キッチンに変身させるためのインテリアのポイントとは?

北欧風のキッチンにするにはいろいろなポイントがあります。具体的には、収納方法の工夫、北欧風のキッチンアイテムの使用、ビビットカラーなどです。これらの点に注意するだけで、和風のインテリアであっても北欧テイストに変化させることができます。


食器をディスプレイ収納にする    
北欧風のインテリアにするには、まず食器をディスプレイ収納にすることです。食器をディスプレイするだけで北欧風テイストになります。このとき和風の食器ではなく北欧ブランドのオシャレな食器を用意しましょう。もちろん、すぐに一式を変えるのは現実的ではないので、少しずつ変えていくと良いです。ただし、和風のものはできるだけ下の方に置いておくと目立たなくなります。
また、食器の収納の仕方にも工夫をすることが大切です。重い食器や色が黒っぽいものも下に配置して、明るい色の食器や軽い食器は上に配置します。グラスやコップも上です。このようにすると食器棚の中身がすっきりしているように見えて、ますます北欧風のキッチンに見えます。

北欧インテリアをキッチンに置く    
北欧風のインテリアにするには、北欧のキッチンアイテムも活用しましょう。たとえば、バスケットです。果物をその中に入れておいてキッチンに置いておきます。中に何も入っていなくても問題ありません。また、トレーなどもわざと置いておきます。このように、北欧のアイテムをキッチンに置くだけでオシャレに見えて、来客の際にはちょっとした感動を呼び起こすでしょう。ポイントはあえて片付けるのではなく出しておくことです。
また、やかんや鉢などの小物を置いて、その中に植物を入れるのも北欧テイストとしておすすめです。そもそも植物は明るさと清潔感をかもし出しますので、家の中の雰囲気がオシャレになります。1個とは言わず複数個置いてみましょう。

ビビットカラーのアイテムを取り入れる    
北欧のイメージが強いカラーをキッチンに取り入れることも重要です。たとえば、青色、緑色、灰色は北欧に相応しいカラーです。このようなカラーで部屋全体を統一すると、まとまりが良いだけでなく北欧インテリアにも近づきます。注意点としてはカラーの色を3色に限定することです。そうしてナチュラルさも表すことができます。
また、それだけだと単純なテイストになってしまいますので、アクセントとしてビビットカラーを入れると良いです。おすすめなものは北欧の食器です。他にも、キッチンツールなどの小物のデザインを動物や植物をモチーフにしたものを使うと、ビビットな色合いが醸し出されます。鮮やかなな色合いで部屋も明るくなります。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

<<back|<123456>|next>>
pagetop