February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

北欧風のリビングにするための方法とは?

 

すっきりとシンプルかつナチュラルにまとまった北欧風のインテリアは、長く見ていても飽きが来ません。

それは部屋の中にいることの多い北欧の人々の暮らしの知恵からできあがったデザインです。

今回は北欧風のリビングの特徴や作り方のコツをご紹介していきます。


北欧風のリビングの特徴    
北欧の人々は、日照時間が短く気温が低いという環境のため、一日の多くを室内で過ごします。

そのため室内を快適にする工夫が多く施されており、北欧風のリビングは居心地の良さには定評がり近年人気の高いインテリアです。
北欧風のインテリアは基本的には木の素材をいかした、シンプルでナチュラルなテイストが基調となっており、その中にファブリックなどで色や模様を加えていくという方法でリビングをデザインしていきます。

木目調の白やベージュと合わせやすい色やデザインでインテリアを揃えていくとまとまりの良い空間ができあがります。
組み合わせとしては、白い木目調の家具に黒の革や家具を組み合わせたシックなものや、ベージュの木目に白い色の布や家具を組み合わせた明るい雰囲気のものがおすすめです。

 

おすすめのインテリア    
北欧のインテリアは基調がシンプルなものなので、合わせる素材はシックなものからビビットなものまで様々なものをあわせることができて、インテリアを幅広い趣向で楽しむことができます。
革素材を組み合わせて使用すると落ち着いた大人っぽいリビングができあがります。

またピンクやライトブルーなどペール系の色味を足しても、明るく爽やかな印象になりおすすめです。

そのほかモード系の柄をファブリックに取り入れ、現代アートのポスターなどをインテリアにしてもとがったデザインになって魅力的な印象を与えることができます。

ビビットなパッションピンクなど、元気な色のファブリック類を取り入れると、元気の出るリビングになり帰宅しても楽しい気分でいることができそうです。

 

北欧風のリビングにするためのポイント    
北欧風のリビングにするためには、シンプルでナチュラルなテイストを基調にすることがポイントです。

なるべくアクリルやステンレスなどの人工的な風合いの家具を置かないようにすると、より北欧風の雰囲気を出しやすいでしょう。
家具の素材は木目調もしくは木で出来た家具に統一し、そこにファブリックなどで自分の好みのテイストを足していきます。

また幾何学模様も北欧風インテリアの特徴のひとつなので、幾何学模様のクッションやラグなどを取り入れるとより北欧感が増してきます。
気温が低く日照時間が少ない北欧では、家の中でぬくもりを感じることが重要視されているので、木のぬくもりを感じることができるシンプルで飽きないインテリアが好まれてきました。

インテリアをつくるときには、そういった背景も考えながら作業をするとうまくまとめることができるかもしれません。

 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop