October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アメリカンダイナーインテリアとは?

アメリカンダイナーインテリアとは?

第二次世界大戦後にアメリカが最も繁栄していた1950年代から1960年代を象徴するインテリアの様式が、

アメリカンダイナースタイルです。その様式は当時への郷愁に満ちており、その時代を知らない人によっては可愛いともマニアックとも感じさせられます。


アメリカンダイナーとは    
アメリカンダイナーとは、アメリカの食堂のことです。

それも、現在の食堂ではなくて、むしろ1950年代から1960年代までの「古き良きアメリカ」の象徴として、インテリアの世界には登場します。

ダイナーの多くはプレハブ式で、ハンバーガーやアメリカンクラブハウスサンドなど、当時の一般的なアメリカの庶民の料理を提供していました。

映画ファンなら、当時の雰囲気を感じさせる名作のいくつかを、思い出してしまうかもしれません。
このような昔の雰囲気を保ったアメリカンダイナーの多くは、1970年代以降になるとファストフードチェーンに駆逐されてしまう運命をたどるのですが、

ごく庶民的なレストランとしてのダイナーは、まだまだアメリカの各地に健在です。

アメリカンダイナーインテリアの特徴    
アメリカンダイナーインテリアの特徴は、この1950年代から1960年代のアメリカのダイナーにインスピレーションを得たもので、当時の雰囲気と似た小物を配置して、

「古き良き時代」のアメリカの雰囲気を再現しようと試みたインテリアの様式、と定義することができます。

「レトロ」とか「ヴィンテージ」という言葉がぴったりくる様式であると、いえるでしょう。
それらの言葉からわかるように、アメリカンダイナースタイルのインテリアには、当時製造されたヴィンテージあるいはそのイミテーション、

あるいは当時の製法に従って現在でも作り続けられているレトロな雑貨達が小道具として欠かすことができません。

必然的にそのインテリアは、古く趣きのある可愛い雑貨のおもちゃ箱のような、楽しい様相を呈することになります。

まとめ    
アメリカンダイナーインテリアとは、アメリカの伝統的な庶民向けの食堂のインテリアに発想を得たインテリアの様式で、

1950年代から1960年代のアメリカへの懐古と憧れに満ちたスタイルであると、言うことができます。
この様式のインテリアには、当時の雰囲気を持つ什器(店舗において日常使用する家具や道具類全般)や小物類が不可欠で、

当時のダイナーで実際に使われていた厚ぼったいガラス製の食器類などのヴィンテージの雑貨には熱心なコレクターもいるほどです。
アメリカンダイナースタイルは、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しいインテリアの様式ですが、

ごちゃごちゃとし過ぎて狭い部屋には向いていないかもしれません。

しかしそんな場合でも、当時の雰囲気を持つ雑貨のコレクションを厳選して飾るコーナーを作るなどして、部屋のアクセントとして取り入れることは十分可能です。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンな部屋へ様変わりできるインテリアの使い方のコツ

アメリカンな部屋へ様変わりできるインテリアの使い方のコツ

アメリカンな雰囲気というのは、ニューヨークスタイルであったりテキサスな感じであったりマンハッタンスタイルであったりとそれぞれにテイストが異なってきます。

ですが常に最先端のセンスを持つアメリカの雰囲気の紹介をしましょう。


アメリカンな部屋の特徴    
アメリカンなインテリアをうまく使ったオシャレな空間の部屋を作るとしたら、気にする事は大きな印象の強い家具をおいて、あとは小物を沢山使うのが良いでしょう。
例えばリビングなども、アメリカンな場合はわりと物が沢山置いてあるイメージが強いです。

ですがそれがぐちゃぐちゃというような感じに見せないのがオシャレです。

照明も大きな照明を一つと、あとは壁際などにランプスタンドなどで温かい雰囲気の明かりで包んでいます。

日本のように蛍光灯のある部屋というよりは、暖色系の明かりを主に使っています。

わりと夜は薄暗いくらいの雰囲気でリラックスしていられるという感じの部屋を演出しています。

大きな存在感のあるソファーに、テレビの周りには大きなテレビ台があり、本や小物で沢山飾られています。

アメリカンに欠かせないインテリアとは    
アメリカンに欠かせない部屋のインテリアは、先ほども述べたように暖色系の照明です。

それにアメリカは日本とは違って家の中も靴の習慣があるのでベッドは欠かせないでしょう。

布団にしているというこだわりの家があるとするならば、そういう家は家の中は靴ははかないでしょう。

それだけベッドというのは必需品です。床に直に置くものといえば汚れてもいいものです。

寝るための物は床には置かないでしょう。ベッドの上にはクッションが沢山あります。これもアメリカンな印象です。

色々なオシャレなロゴの入ったデザインの大きなクッションを沢山並べてふかふかの枕の上で寝るのがアメリカンスタイルでしょう。

壁に貼るポスターなども主流でしょう。
アメリカンな部屋作りのコツ 
アメリカンな部屋を作るには、女の子の部屋の場合はその子の好みにももちろんよりますが大きめなベッドを真ん中なり端に置いて、
そのベッドの上で大体を過ごすので、その周りにはその子がいつも使っているような物を置くためのベッドくらいの高さの棚を置いている子が多いです。そこで部屋にいる間は過ごします。
男の子の部屋の場合は屋根裏なスタイルの部屋が多いです。
シンプルな家具な分、音楽系や好きなアーティストのポスターなどをベッドに寝そべった時上に見える場所に貼ったり普通に壁に貼ったりと沢山貼っているイメージが強いです。
インテリアとしては、ベッドと机くらいのシンプルなものでしょう。
女の子の場合はそれに化粧台位がある程度でわりとシンプルです。
橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンスタイルへ!インテリアのコーディネート術

アメリカンスタイルへ!インテリアのコーディネート術    

お部屋のコーディネートに飽きてしまったら、アメリカンスタイルを取り入れてみませんか。

ちょっとしたアイテムを加えるだけでも、シンプルなお部屋がガラリと見違えます。

アメリカンテイストを加えたお部屋作りは、家具や雑貨選びも楽しいですよ。


アメリカンスタイルとは    
アメリカンスタイルとは、ひと昔前のアメリカで流行した様式を生活に取り入れたスタイルのこと。

例えば、昔懐かしい50年代、60年代のアメリカの映画に出てくるようなインテリアや人々の恰好を真似したスタイルだと思ってください。

ヴィンテージスタイル、レトロスタイルと言った言葉を聞いたことはありませんか?

それらのスタイルもまた、アメリカンスタイルを指したコーディネートのことなんです。
アメリカンスタイルと呼ばれるコーディネートには、多種多様なジャンルが存在しています。

色遣いがポップなものから、西部開拓時代を彷彿とさせるコーディネートまで、

様々なアメリカンスタイルが現代のインテリアやファッションに取り入れられているのです。

アメリカンスタイルなインテリアとは    
インテリアの好みは人によってまちまちですよね。アメリカンスタイルなインテリアと一口に言ってもそのジャンルは様々です。

自分の好みに合ったコーディネートをお部屋作りに取り入れましょう。
ほんの一例ですが、男前インテリアにチャレンジしたいなら、レンガの壁と黒板風の雑貨をバランスよく配置したブルックリンスタイルがおすすめです。

シンプルとはまた違った素朴なテイストがお好みであれば、西部開拓時代の様式を意識した、アーリーアメリカンスタイルなんかも良いですね。
お洒落な雑貨や家具が溢れる現代では、知らず知らずのうちにアメリカンスタイルを取り入れていることもあります。

なんとなくポップな雑貨を並べてみたり、カフェを意識したコーナーを設けたりしていませんか?

それらの雑貨や家具が自分の好みとマッチしているなら、あなたはすでにアメリカンスタイルに馴染んでいると言っても良いでしょう。

アメリカンスタイルへ変身させるためのコーディネート術    
インテリアを一新したいなら、お部屋のアクセントになってくれるアメリカンな家具を選びましょう。

ポップなカラーが特徴的なレザーソファや個性的なカウンターチェアを配置するだけでもお部屋の印象は一気に変わります。
ラグマットやカーテンを変えて、手っ取り早くお部屋のイメージを変えるという手もありますね。

幾何学模様が特徴的なネイティブ柄は、最近人気が高いアメリカンアイテムのひとつです。

ネイティブ柄の良い点は、様々なジャンルのインテリアにマッチしてくれるところ。

ファブリック選びに迷う方は、コーディネートの手始めに購入してみると良いかもしれませんね。
家具やファブリックにお金がかけられないという人は、手頃な価格のアメリカン雑貨を集めるところから始めてみましょう。

最近では100円ショップでも様々なアメリカンスタイルの雑貨を集めることができますよ。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

アメリカンインテリとはどんなもの?

アメリカンインテリとはどんなもの?    

「アメリカンインテリア」は、最近ちらちらと聞く言葉ですが、もうひとつどんなスタイルか良くわからない面があります。

アメリカンインテリアとはどのようなものなのか、一言で定義することは難しいのですが、

このスタイルの概要を説明すると共に、特にそのワイルドな面について紹介することにします。 

 

アメリカンインテリアの特徴 

アメリカンインテリアといっても、数種類のパターンがあります。

由緒正しい歴史を感じさせる「アメリカントラディショナルスタイル」アメリカの開拓時代をイメージした「アメリカンカントリースタイル」、

1950年代から1960年代の典型的な食堂(ダイナー)を模した「アメリカンダイナースタイル」、

同時代のヴィンテージ家具を中心にインテリアを組み立てる「アメリカンヴィンテージスタイル」などがその代表的なものです。

現代のインテリア様式としては「西海岸スタイル」、「ブルックリンスタイル」、

「サンタフェスタイル」などもこれに加えることができます。
総じてアメリカのインテリアは、伝統的なトラディショナル様式など一部のスタイルを除き、

どこかワイルドで男性的なイメージが、どこかに漂っている場合が多い印象です。

ワイルドでオシャレな部屋におすすめ 
アメリカンスタイルのインテリアは、一部を除き、一般的に男性の部屋に向いているワイルドなイメージがあります。

その中で特に男性が主人公のスタイル、といえば「サンタフェスタイル」ではないでしょうか。

サンタフェスタイルとは、アメリカ南部のサンタフェ地方のインテリア様式であり、

ヨーロッパの開拓者が持ち込んだベッドに椅子文化に、ネイティブアメリカンの文化がミックスされたイメージのインテリアです。

隣国メキシコに近い地域なので、メキシコ文化の影響も受けています。
ベースはアースカラーを使い、むき出しの木の床に引いたラグやキルトなどの柄がアクセントカラーになっている、

アメリカンカントリースタイルの一種ということもできます。

キルトの柄は、ネイティブアメリカンやメキシカンの文化からインスピレーションを受けた様子が伺えます。

いかにもワイルド、と感じるのは毛皮をインテリア小物に使うことがあることです。

まとめ    
アメリカンインテリアとひと口にいっても、いくつかのスタイルに分かれます。

トラディショナルやアーリーアメリカンなど、一部のスタイルを除き、男性的なイメージの強いインテリアですが、

その中でも特にワイルドな印象が強いのが、サンタフェスタイルです。

西部開拓者が持ち込んだスタイルに隣国のメキシコやネイティブアメリカンの文化が入り混じってできた、

由来を聞くだけで、ワイルドなイメージになるインテリアスタイルです。
サンタフェスタイルのインテリアは、武骨なイメージの家具、色はアースカラーが基本、

それにアクセントネイティブアメリカンらしいイメージのキルトや毛皮の組み合わせが基本です。

サンタフェスタイルを丸ごと取り入れることは、すぐには難しいかもしれませんが、

ネイティブインディアンが作った小物などを是非とも取り入れて、少しでも素朴でワイルドなイメージに近づけて下さい。

橋本ケイゴ
 

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

NaturalLifeオープン

JUGEMテーマ:可愛い雑貨・インテリア

通販サイトオープン
はじめまして、家具・インテリア雑貨の通販サイトNaturalLifeの橋本と申します。
めでたく先日、ECサイトがオープンいたしましたのでこの場を借りてご報告させていただきます。
様々なテイストのおしゃれで癒しの家具雑貨を1000点以上販売しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。
通販サイトと合わせて、ブログも立ち上げました。
インテリア関係の役立つ情報や新商品情報などをお伝えしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
橋本圭悟
会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。
<<back|<1234
pagetop