February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

北欧インテリアの特徴とおすすめな理由!

 

「北欧インテリア」が世間では流行っているようですが、それがどんなものなのかを正確に表現することは、結構難しいことです。

ここでは、改めて北欧インテリアの特徴を再確認し、それを日本人の生活に取り入れることの利点と注意点を述べることにします。

 

北欧インテリアの特徴     

北欧では年間を通して寒い時期が長いため、居心地の良い部屋が求められています。

しかも前世紀の初めには工業デザインの革命運動が起こったため、北欧のインテリアは独特の発展を遂げてきました。

その特徴として、白あるいはアースカラーを基本に好みの色を1、2色加えてテーマカラーとして部屋のインテリアの色調を統一する、洗練されたデザインの木製家具を活用する、インテリアに自然のモチーフを取り入れる、観葉植物を置く、間接照明を利用して部屋に陰影を与える、壁にアートを積極的に飾る、といったものがあります。

これらのルールを守ることによって、北欧インテリアは、洗練した雰囲気にもかかわらず、どこかあたたか味を感じる味わいに、部屋をまとめる力が生まれるのです。

 

北欧インテリアがおすすめな理由 

北欧インテリアには、日本の狭い部屋のインテリアにも、積極的に取り入れたい特徴がいくつかあります。

特にテーマカラーを決めて部屋の色調を統一するということは、狭い日本の部屋でもいくらか広く感じさせることに、とても有効です。

さらに自然のモチーフを取り入れることで、部屋の中は、落ち着きと共にあたたか味ややさしさが広がることになります。

日本の伝統的な和風インテリアも、同じように自然素材を使ったものです。共に「自然」をテーマにしたデザインなので、現代の日本人の住まいにおいても、北欧インテリアは違和感なく溶け込むはずです。

北欧のファブリックや雑貨類は、これら自然のモチーフを、単に可愛いだけではなく洗練されたスタイルに仕上げているので、これらを取り入れたインテリアも、大人っぽく洗練された雰囲気でまとめることができます。

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop