January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アンティークなインテリアの特徴と魅力とは?

 

アンティークなインテリアというのは、昔ながらの知識がふんだんに盛り込まれた作品です。

それだけ現在では価値が高く、同じようなものはないので高額にしていても人気です。

細部までこだわっている作品ばかりです。


アンティークなインテリアとは    
アンティークなインテリアとは主にヨーロッパなどの歴史を感じるような作品の事を呼んでいます。

日本にある骨董品と同じようにヨーロッパの骨董というのをアンティークと呼びます。

この作品は若い世代からシニア世代まで幅ひろく人気です。ですが若者には本物のアンティーク商品は高くで買えないので、本物ではないのですが本物に似せてプチプラで出しているものなどはとても人気です。

特にそういったインテリアは女性に人気が出ています。

プチプラだと集めやすいということですので主婦の間でも人気の高い物が多いです。
ですがやはり本物とは見た目からして違いますので、こだわる人はたとえ高額でも集める人が多いのもアンティークの魅力の一つでしょう。

 

アンティークなインテリアの特徴と魅力    
アンティークなインテリアの特徴としては、昔ながらの技法が細かい部分まできちんとできているので、今それを真似しようと思ってもなかなかそれができる職人がいない場合が多いので、それだけ価値の高い物が多いのです。

たとえ似せて作ったとしてもその商品はそれしかないという物が多いので、それだけコレクターも多くなります。

魅力は他にないという事でしょう。
その魅力に魅せられてしまうと、その本場まで行きたくなります。

そして実際に行ってみて色々とその国ながらの技法などを建造物などを見て勉強していくと、その国の歴史なども一緒に学べるので余計に好きになります。

このようにしてアンティークの好きな人はどんどん増えていくのです。

 

まとめ    
このように、アンティークなインテリアというのはその国によっても違いますが、それでもヨーロッパとアジアではかなり違います。

日本は味のある作品が多く、ヨーロッパはロマンチックなオシャレさがあります。

それぞれの国でも違うので、色々な国のアンティークを勉強したくなるかもしれませんね。

そして世界中のアンティークの現場に実際に行って色々な刺激を受け、勉強をしていった結果どこの国の作品が好きになるかが明確になるでしょう。
人によって好みも違いますし、その時代によって流行は違うのですが、それでもアンティークの作品に流行などはないでしょう。

どの時代にあっても素敵な作品ばかりです。

そんな作品の本物を集めたくなるのも納得です。
 

橋本圭悟

会員登録ですべての商品が5%お値引きでお買い上げいただけます。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop